2017年05月08日

鉄板で海鮮を焼く〜牡蠣、ツブ、そして大粒ホタテ

海鮮焼き(ホタテ2)


我が家では、時々ラム肉やホルモンなんかを鉄板焼きで食べるんですが、その時に、よく魚介類も焼くんですよね。海鮮焼きですね。

時には、その魚介類が主役になることもあります。


例えば、先日焼いたのが、牡蠣

海鮮焼き(牡蠣1)

大粒の牡蠣は値段も高いですが、そこそこのサイズであれば、手頃な値段で市場で売っているので、こちらでは食べる機会も多いですが、旬はもう終わりかな。

海鮮焼き(牡蠣2)

ちょっとバターと醤油を垂らしていただきましたが、牡蠣は焼いても美味しいですね。


続いて、ツブ貝ですが、この日は贅沢に刺身用のツブを焼いちゃいました。

海鮮焼き(ツブ)

こちらでお馴染みのツブは、貝のまま売っていることがほとんどですが、今回はたまたま刺身用にと貝から外した身が安くたくさん売っていたので、鉄板焼きでもいただきました。

案外、焼いても固くならなくて、美味しいんですよね。


そして、メインとも言える、こちらが殻付き大粒ホタテ

海鮮焼き(ホタテ1)

これは、ご近所さんからいただいた、道東の野付産のホタテです。

小樽産のホタテも美味しいですが、野付産のホタテは大粒で有名なんですよね。時々いただくんですが、ありがたいです。
海鮮焼き(ホタテ3)

もちろん、刺身で食べると美味しいのは分かっているのですが、これをちょっとソテーして、レアでがぶりといただくというのは、なんとも贅沢です。

海鮮焼き(ホタテ2)

バターをちょっと落として、食べるときに醤油をちょろっと垂らしていただきました。
抜群ですね。間違いないです。


もちろん、こういう時は一緒に肉も焼いてるんですが、海鮮が加わると、贅沢な鉄板焼きになりますね。
海鮮焼き、ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月03日

今日の美味しい一枚:ねっとり旨い甘エビの刺身

甘エビ2


甘エビは結構身近な食材で、時々買ってきて、刺身でいただいてます。

春頃から、お店で道産の甘エビをたくさん並ぶようになるんですが、かなり手頃な値段で売ってますからね。

今回は増毛産の甘エビで、時には余市産のも並びます。

口に入れると、ぷりっとしつつも噛むとねっとり甘く、味が濃くて本当に旨いんですよね。

甘エビ1

普段は甘エビと呼んでますが、正式名称はホッコクアカエビで、南蛮エビとも呼ばれることがありますね。

頭はもちろん、味噌汁でいただきました。

甘エビの味噌汁

甘エビ、ごちそうさまでした。

※参考:ホッコクアカエビ[北国赤蝦] | 水産林務部水産局水産経営課

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
タグ:甘エビ 刺身

posted by 小梅太郎&花子 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月01日

ホッキのヒモを使ってパスタ

ホッキのヒモを使ってパスタ2


先日、安く売っていたホッキのヒモを使って作った「ホッキのヒモをとキュウリのマヨネーズ和え」を掲載したました。
ホッキのヒモを使ってキュウリとマヨネーズ和え

で、その時、実は一緒にホッキのヒモを使ってパスタも作ったんです。

ペペロンチーノにホッキのヒモを入れただけのシンプルなものですが、普段よりちょっとニンニクを効かせて、ブロッコリー(今回は茹でたもの)を合わせてみました。

最後に、ちょっと物足りなかたので、ちょろっと醤油をたらして、バターを加えました。

ホッキのヒモを使ってパスタ1

前処理のために、ホッキのヒモは一度茹でているのですが、それでも十分ホッキの旨味が出て美味しかったです(もちろん、生から、そして、身も入ればもっと美味しく旨味が出たと思います)。

ホッキのヒモを使ったパスタ、ごちそうさまでした。


ちなみに、こちらがホッキのヒモ(貝柱も入ってます)。
ホッキのヒモ

【関連記事】
ホッキの捌き方と刺身の準備

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホッキ(北寄) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月28日

今日の美味しい一枚:レンジで丸ごと新タマネギ

春になると、新タマネギがお店並びますよね。

新タマネギがお店に出ている間に、我が家では毎年何度かこれを作るんですよね。

レンジで丸ごと新タマネギ1

これ、新タマネギをレンジで丸ごとチンしただけなんですが、一個をぺろっと食べてしまえるんです。

作り方は簡単で、新タマネギの皮を剥いて耐熱皿に乗せ、ゆる〜くラップをして(密閉しない)、レンジでチンするだけなんです。

時間は、大きさにもよりますが、皿に小さめのを3個のせた時で、7〜8分(500W)ってところです。

気になるようだったら、竹串などで刺してみて、すーっと入ればOKですね。

耐熱皿から火傷に注意して取り出し、食べやすいように十字にカットして、器に移していただきます。
あっ、耐熱皿に残った汁ももったいないので、器に戻します。

レンジで丸ごと新タマネギ3

味付けは、我が家のお好みは、オリーブオイルと塩のみです。好みでかつお節をかけたりします。

レンジで丸ごと新タマネギ2

驚くほどのタマネギの甘みが味わえて、ほんと一個なんであっという間に食べちゃいますよ。

先ほどかつお節をかけましたが、かつお節とポン酢の組み合わせもなかなか美味しいです。

この丸ごとの新タマネギは、今年もあと何度かは、食べたいですね。
ごちそうさまでした。

【関連記事】
旬の新タマネギをレンジで丸ごと美味しく食べてます

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月26日

ホッキのヒモを使ってキュウリとマヨネーズ和え

ホッキのヒモを使ってキュウリとマヨネーズ和え


先日、ホッキのヒモだけを集めて安く売っていたので買ってきました。

ヒモといっても、刺身などで食べる身の部分を除いたものが全部一緒になって冷凍されていたので、解凍するといわゆるヒモや貝柱の他に、よくわからない内臓のようなものもついているので、それらを取りつつ、砂とぬめりも落として処理をしました。

ホッキのヒモ

(不要部分も結構ありました。見た目が悪いので小画像で)
ホッキのヒモの残骸

で、それらを茹でて処理は完了。

普段は、市場などで刺身用にとホッキを買ってきて、処理したヒモと貝柱もさっと湯通しして、刺身として食べてしまうのですが、今回は冷凍品ですし、料理に使うということで、しっかりめに茹でました。

ちょっと前置きが長くなりましたが、今回はそのホッキのヒモを使って、キュウリとマヨネーズで和えてみました。

ホッキのヒモとキュウリのマヨネーズ和え」ですね。

【作り方】

・茹でたホッキのヒモを食べやすい大きさに切って、キュウリは輪切りにして塩をさっと振って、ちょっと置いて軽く絞っておきます。

・ホッキとキュウリをボールなどに合わせて、塩コショウをさっとして、マヨネーズを味を見ながらお好み加えて、混ぜ合わせたら出来上がり。

(本当はもっとたくさん作ったのですが、写真を撮る前に食べちゃいました…)
ホッキのヒモを使ってキュウリとマヨネーズ和え1

う〜ん、もうひと味、何か加えればよかったかな。
それは今度の課題ということで、それでも十分美味しくいただきました。

ホッキのヒモを使ってキュウリとマヨネーズ和え

ホッキのヒモをとキュウリのマヨネーズ和え、ごちそうさまでした。

【関連記事】
ホッキの捌き方と刺身の準備

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホッキ(北寄) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする