2016年03月31日

自家製ピクルス〜今回は豆のピクルス

最近、我が家では自家製ピクルスが流行っていて、冷蔵庫に常にピクルスが作ってある状態です。

で、今回は初めて、豆のピクルスを作りました。

豆のピクルス1
(他の野菜のピクルスと一緒に)

といっても今回使った豆は、普通にスーパーで売っている、缶詰のミックスビーンズと大豆です。

豆のピクルス用

これをそのまま水気を切って、ピクルス液に漬けただけです。簡単です。

ピクルス液については、実はまだ色々と試行錯誤中で、我が家的レシピは定まってません。

前回投稿時のピクルス液は、酢・白ワイン・水を合わせて、そこに砂糖と塩を加えました。
前回の記事はこちら:最近、自家製ピクルスが我が家的に流行ってます

ただ、白ワインって、常に家に買い置きしているわけではないですし、値段もしますし、漬ける前にアルコールを飛ばす手間がかかるし…

ということで、今回は白ワインなしで作りました。
つまり、酢と水のみを1対1の割合で合わせるだけです。なので、今回は次のようになります。酢は穀物酢です。

※ピクルス液の基本分量
酢:2カップ/水:2カップ/砂糖:80g/塩:小さじ2

これを火にはかけずに、砂糖と塩が溶けるまで混ぜ合わせれば、準備完了。

あとは、密閉できる容器に豆を入れて、そこにピクルス液をなみなみ入れ、ローリエ1枚、粒こしょう数粒を入れて冷蔵庫へ。今回は唐辛子は入れませんでした。

豆のピクルス3

で、一晩置けば食べられます。

豆のピクルス2

見た目はただの豆です。缶詰からだしたまんまみたいです(汗)

ただ、これは美味しいです!箸が止まりません!
豆の旨味に酸味が加わると、こんなに美味しくなるんですね。

この豆のピクルスも、我が家では定番になりそうです。
だって、缶詰から出して、漬けるだけですから、作るのも簡単ですしね。

豆のピクルス4

前回のピクルスの投稿にも書きましたが、普通の野菜で使い回しをすると、2度目はちょっと薄まってしまうのですが、まあまあ食べられました。
豆の場合はというと、液が濁ってしまうので、使い回しはどうかな〜(未確認です)

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。


タグ:ピクルス

posted by 小梅太郎&花子 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月07日

自家製の紫花豆で煮豆を作りました

我が家では、裏庭で小さな家庭菜園をやっているのですが、そこで紫花豆も栽培してるんです。

紫花豆は北海道が産地にもなっていて、低い気温を好むそうなので、気候は問題ないのですが、栽培はなかなか上手くいかず、毎年苦戦しています。

昨秋の収穫量もこれだけでした。

紫花豆img

それでも、何だか嬉しいですよね、紫花豆って、結構高級豆ですからね。

で、その収穫した紫花豆を使って、煮豆を作りましたよ。


紫花豆の煮豆

紫花豆の煮豆2


作り方に関しては、すいません、何となくで作ってしまってるので、細かく記録できないのですが、ざっと手順を書き留めておきます。ちなみに、今回収穫した豆は150gでした。

紫花豆1

・豆は洗って、たっぷりの水に一晩浸しておきます。一晩たつと豆は水を吸ってパンパンに大きくなるんですよ。

・水を換えて、蓋をして火にかけるのですが、我が家はストーブの上に乗せっぱなしにしてます。

紫花豆の煮豆調理中

で、本当はここで、アク抜きのために沸騰したら水を換えるのですが、今回はそのまま行ってしまいました(汗)

紫花豆の煮豆調理中1

・豆が柔らかくなるまで火にかけ、柔らかくなった砂糖(ざらめ)を入れます(蓋は常にしています)。

紫花豆の煮豆調理中2

さらに一時火にかけて、塩をパラッと入れて、火を止めて、さらに一晩置いて出来上がり!
醤油をちょろっと入れてもよかったんですが…、忘れました(汗)

紫花豆の煮豆1

私は甘い煮豆は、それほど好んで食べないのですが、大粒の紫花豆はホクホクで、これが美味しいんですよね。

紫花豆の煮豆3

絶対、また栽培したいと思います。
ごちそうさまでした。
(ただ、もうちょっとたくさん収穫できるといいんですが…)


※参考サイト
花豆の甘煮 by chacorita [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが198万品
日本ガスの料理レシピ|紫花豆の煮豆

※姉妹ブログの『小梅太郎の「そこそこ家庭菜園」』で、紫花豆についての記事も書いているので、よければどうぞ。
紫花豆のサヤの中はどうなっていた?: 小梅太郎の「そこそこ家庭菜園」

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
タグ:紫花豆 煮豆

posted by 小梅太郎&花子 at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豆類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。