2016年12月29日

今日の美味しい一枚:鍋のもう一品にタチを入れると何だか贅沢鍋に

鍋のもう一品にタチ3


寒い冬になると、やっぱり鍋の回数が増えますね。

で、今回は市販のスープを使ってキムチ鍋をしたのですが、具材としては野菜類に豆腐や鶏肉なんかを入れますよね。

で、我が家でそれらによく追加するのが、こちら。

鍋のもう一品にタチ1

スケダチとも呼ばれるスケソウダラのタチ(白子)で、これもまた北海道の冬の味覚ですよね。

タチといえば真ダラのタチ(真ダチ)もあって、そちらは房が大きくて、よりプルンとした食感とねっとりした味わいがあるのですが、値段もちょっと高いので、庶民としては、スケダチのほうをよく使ってます。

鍋のもう一品にタチ2

これを鍋に入れると、何だか鍋が贅沢になるんですよね。

鍋のもう一品にタチ3

ちなみに、タチは火を通しすぎないように、食べる直前に入れて、火が通ったらすぐに食べると、よりプリッとして噛むとねっとりコクのある味わいを楽しめます。

鍋のもう一品にタチ4

たまりませんね。

タチは味噌汁にもよく入れるのですが、これまた美味しいんですよね。
これかからまだまだ寒い時期が続きますが、この美味しいタチもしばらく楽しめます。

【関連記事】
真ダチを鍋に入れるとプルンとした食感と濃厚な味わいがたまらない
我が家のキムチ鍋には、あれとあれとあれをよく入れます
市販の鍋スープを使って、カキとタチ(タラの白子)入りキムチ鍋

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 01:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月21日

今日の美味しい一枚:塩鮭の頭が手に入ったので氷頭なます(酢漬け)

氷頭なます


塩鮭の頭が手に入りました!

昨年に引き続き、知り合いから塩鮭の頭の部分をいただいたんですが、塩鮭の頭が手に入って何が楽しみって、氷頭(ひず)なますです(※我が家は塩鮭でしか作ったことがないです)。

鮭の鼻先から頭部にかけては軟骨で、その部分を氷頭(ひず)と呼び、これをなますにしていただくので「氷頭なます」なんですが、ちょっとしか取れないので貴重なんですよね。

鮭の頭

まず、頭部全体を縦に割って、さらに頭部の上の氷頭のあるあたりを切り離し、塩をよく洗います。

氷頭なます1

やや透き通っている部分が氷頭なんですが…
氷頭なます2

どこからどこまでというのは、正直はっきり分からないので、とりあえず、鼻先から皮の付いたまま包丁を入れて、できるだけ薄く切っていきます。

氷頭なます3

軟骨部分が終わって硬い骨の部分になると、包丁が入らなくなるので、氷頭はそこまでということですね。

氷頭なますといえば、酢に漬けた氷頭を、普通は甘酢で仕上げるようですが、我が家はまず、酢に漬けるのみでいただくんですよね。

氷頭なます4

氷頭なますというか、ただの氷頭の酢漬けですね。

酢に漬ける時間はいつも適当なんですが、最初は塩抜きを兼ねて30分ほどで一度酢を取り替え、その後は最低一晩は漬けてますが、2〜3日冷蔵庫に放っておくこともあります(汗)

で、できあがりですね。
氷頭なます

酢漬けにした氷頭は、クセや臭いはほとんど気にならず、軟骨のコリコリとした食感を楽しむことができるんですよね。

酢から上げた氷頭を、改めて甘酢を作ってちょっと漬けておけば、氷頭なますですね。

氷頭なます5


そうそう、残った鮭の頭は、もちろん、鮭の三平汁にして、美味しくいただきました。

鮭の三平汁1

鮭の三平汁2

ということで、鮭の頭を貴重な氷頭なますと三平汁で、全部美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

【関連記事】
塩鮭の頭が手に入ったので、氷頭なます(酢漬け)と三平汁に
鮭の氷頭なます

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 23:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月22日

鶏肉のソテーのトマトソース添え/夏に作ったトマトソースが活躍中!

鶏肉のソテーのトマトソース添え


ここ数年、毎年夏に、知り合いを通じて美味しい農家さんのトマトを安く大量に購入して、一気にトマトソースを作って冷凍保存してるんです。

で、それらがまだまだ活躍してるんですよね。

やっぱりパスタのソースにすることが多いのですが、今回は鶏肉のソテーに添えてみました。

名前を付けるなら、鶏肉のソテーのトマトソース添えかな。実は、これも時々作るんですよね。

鶏のモモ肉を多めのオリーブオイルで、皮はカリッとするくらいにフライパンで炒めて、塩・コショウをして、食べやすい大きさに切ってから、皿に敷いたトマトソースの上に乗せました。

鶏肉のソテーのトマトソース添え1

凝縮した濃厚なトマトの旨味と、ほんの少し残っている酸味が何とも美味しくて、鶏肉との相性もバッチリです。

この時期に、自家製のトマトソースがまだ味わえるのが嬉しいですね。
鶏肉のソテーのトマトソース添え、ごちそうさまでした。

【関連記事】
※今年のトマトソースの記事です。
今日の美味しい一枚:今年も自家製トマトソースでパスタ

※トマトソース関連の過去の主な記事。
今年も美味しいトマトソースができました。早速ナスとベーコンのパスタ
我が家のトマトソース【レシピ付き】

※以前の記事から。
鶏肉ソテーの自家製トマトソース添え

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月16日

今日の美味しい一枚:寒い時期に美味しいカジカ汁と肝和え

カジカ汁1


北海道の寒い時期の代表的な魚といえば、カジカがありますよね。

寒くなってくるとともに、お店にはカジカが並び出します。

カジカと言えば、定番は「カジカ汁」ですよね。

で、先日、立派な肝に目が止まって、今シーズン初めて買いましたが、お店に並ぶのは、ほとんどがカジカ汁前提のアラも入ったぶつ切りなんですよね。

カジカのぶつ切り

カジカ汁の作り方は、以前のこちらの記事でどうぞ。
カジカ汁

ざっくり書くと、まず、カジカのぶつ切りを洗って、熱湯を回しかけ臭みを取っておきます。
野菜の大根、ニンジン、ジャガイモを火にかけ、野菜に火が通ったらカジカを入れ、あくをすくいながら10〜15分ほど煮ます。
豆腐とカジカの肝を入れて、火が通ったら、味噌を溶かして、ネギを放てば出来上がり。

カジカ汁1

味噌仕立ての汁は、カジカの旨味が染み出て、抜群の美味しさで、プルンとした食感の皮の部分やしまった身の部分、そして、コクのある肝もたまりません。

カジカ汁2

そして、今回は立派な肝だったので、やっぱりこれ、カジカの肝和え(とも和え)も一緒に作りました。

カジカの肝和え

これがまた旨いんです!
お酒を飲みながら、ちびりちびりと味わうのがいいですよね。

カジカの肝和え(とも和え)の作り方は、こちらの記事でどうぞ。
〈新ねっとわーく小樽〉掲載「カジカの肝和え(とも和え)」を紹介

ということで、また、カジカの美味しい季節がやってきましたね。
カジカ汁と肝和え、ごちそうさまでした。


【おまけのカジカの話】
カジカには、秋の時期だけに出るケムシカジカ(トウベツカジカ)と、冬の間ずっとお店に並ぶマカジカ(トゲカジカ)があるのですが、お店ではあまり区別してないようで、私は見てもよく分かりません(汗)

ただ、卵の粒の大きさに違いがあって、やや大きいのがケムシカジカ(トウベツカジカ)で、醤油漬けにするとプチプチっとした食感がより美味しいんですよね。ただ、そちらは10〜11月くらいにしか、お店に並びません。

※参考:魚の名前検索一覧 | 水産林務部水産局水産経営課

【関連記事】
これも北海道の旬の味覚・美味「カジカの子の醤油漬け」【作り方】
これも北海道の冬の味覚。味噌仕立ての汁が抜群の「カジカ汁」

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年11月08日

今日の美味しい一枚:醤油のみでさっと煮付ける「ハタハタの煮付け」

ハタハタが市場なんかで、ザルに盛られて売っているのを見ると、ついつい食べたくなるんですよね。

ハタハタは年中お店に並んでいるけど、やっぱり、これからの寒い時期が旬なのかな。お店で安く、たくさん見るようになってきました。

やっぱり生で買ってきたら、定番は煮付けですね。

ハタハタの煮付け1

我が家のハタハタの煮付けは、味付けは醤油のみでさっと薄味で煮付けてます。

水に醤油を入れて沸騰したらハタハタ入れ、落としぶたをしてさっと10分〜15分程煮るだけです。

ハタハタは小さな魚ですが、実は結構脂ものって、旨味のしっかりした魚なんですよね。なので、これで十分美味しく、しっかりハタハタを味わうことができます。

「ぶりこ」とも呼ばれる卵は、これからかな。

ハタハタの煮付け2

ということで、やっぱり、美味しかったハタハタの煮付け、ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月20日

今日の美味しい一枚:新鮮サンマを刺身で

新鮮サンマの刺身1


サンマの美味しい時期だとは思うのですが、今年はあまりサンマを食べる機会が多くありません。

というのも、お店で見ても、あまりお買い得感がなくて、今年のサンマ漁の状況はよく分からないのですが、庶民としてはちょっと寂しいですね。

そんな中、またしてもご近所さんから道東の産地直送、ビカビカ新鮮生サンマをいただいてしまいました。
いつもありがたいことです。

新鮮サンマ

今回は、すぐに一尾を刺身にしていただきました。

実は、今シーズン初のサンマの刺身です。

新鮮サンマの刺身

脂がのっていて、新鮮なので生臭さも全くなく、やっぱり旨い、サンマの刺身!

残りは捌いて塩をしておき、定番の塩焼きで。

新鮮サンマの塩焼き

じゅわ〜っと脂が染み出てきて、やっぱり間違いない美味しさですね。
ご近所さんに感謝です。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月04日

今日の美味しい一枚:また食べたくなるホッケの南蛮漬け

市場なんかで、3枚に卸してある生のホッケを見ると、何だかこれを食べたくなるんですよね。

ホッケの南蛮漬けです(あれ?ちょっと前にも投稿したかな?)。

ホッケの南蛮漬け

作り方は、以前のこちらの記事を参照してください。
ホッケの南蛮漬け〜〈新ねっとわーく小樽〉掲載料理【レシピ付き】

上記レシピでは片栗粉で上げてますが、今回は小麦粉を使いました。

漬けダレに一晩付けると、小骨も気にならず、パクパクと食べられます。

ホッケの南蛮漬けimg

野菜はタマネギにニンジン、ピーマンを入れてますが、味が染みたたっぷりにタマネギが、これまた美味しいんですよね。

酢の酸っぱさはさほど気にならず、さっぱりとしながらも、揚げているホッケがなかなか食べ応えもあって、満足の一品です。

ホッケは小樽では年中出回っていて、最近は大きな開きなどは、値段も高くなってしまい、なかなか手が出ませんが、さほど大きくない生のホッケは比較的安価で売っているので、手も出しやすいです。

ということで、定期的に食べたくなるホッケの南蛮漬け、ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月20日

今日の美味しい一枚:家庭菜園で収穫したミョウガの甘酢漬け

ミョウガの甘酢漬け1


我が家の小さな家庭菜園ではこの時期、ミョウガが結構な量を収穫できるんです。

時期としては、夏の素麺や冷奴をよく食べる、もうちょっと早い時期に収穫できるといいのですが、それでも収穫したミョウガは薬味をはじめ、色んな料理で味わってます。

で、その中でもなかなか美味しくてお気に入りが、ミョウガの甘酢漬けです。

家庭菜園でたくさん収穫できるようになった、昨年に初めて作ったのですが、ミョウガって、買うとそこそこ値段がするので、なかなかこういう料理を作る機会ってないですよね。

ミョウガ

作り方は、甘酢に漬けるだけなんですが、ざっと書いておくと、甘酢は各家庭の味があるでしょうが、我が家は酢、水を1:1、砂糖と塩少々を合わせて、火にかけてひと煮立ちさせて、冷ましておきます。

ミョウガを洗って、縦半分に切り、隙間に土が入っていることがあるので、さらによく洗い、塩少々を入れたお湯でさっと軽く茹でてから、水気を拭き取ります。

あとは、甘酢にミョウガを漬ければ調理完了で、一晩ほど漬ければ美味しく食べられます。

ミョウガの甘酢漬け2

漬けると、鮮やかな赤身を帯びた色になって、食卓に並べると彩りもいんですよね。

ミョウガの甘酢漬け3

そして、なんとも爽やかな味わいと、シャキッとした歯ごたえが美味しいんです。

家庭菜園で収穫したミョウガの甘酢漬け、美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

【関連記事】
ミョウガの甘酢漬け〜家庭菜園で収穫したミョウガ使用

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月13日

今日の美味しい一枚:今シーズン初生サンマを塩焼きで

サンマの塩焼き


サンマの季節がきましたね。
まだ、ちょっと高いですが、生サンマがお店に並び始めてます。

で、先日、今シーズン初の生サンマを、実はご近所さんからいただいてしまいまして(ありがたいことです)、早速、塩焼きでいただきました。

生サンマ

ピッカピカの生サンマでした。

サンマの塩焼き

ちょうど、スダチがあったので、絞っていただきました。

サンマの塩焼きimg

う〜ん、脂がのって、間違いない美味しさですね。
ごちそうさまでした。

これからしばらく、サンマの美味しい季節ですね。
楽しみです(早く、値段が落ち着かないかな 笑)。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月25日

今日の美味しい一枚:今年も自家製トマトソースでパスタ

自家製トマトソースでパスタ1


ここ数年の夏のお楽しみなんですが、毎年、知り合いを通じて、農家さんの美味しいトマトを安くたくさん売っていただいているんです。

そして、今年もいただいたトマトがいい感じに熟してきたので、先日、一気にトマトソースを作りました。

トマトソースの作り方は、以前のこちらの記事内で紹介してます。
今年も美味しいトマトソースができました。早速ナスとベーコンのパスタ

(あっ、トマトの写真を撮り忘れた)
自家製トマトソース

トマトを湯むきから始める大量のソース作りは、なかなか手間なんですが、このトマトが元々とても甘くて、それをソースにするとトマトの旨味が凝縮して本当に美味しいんですよね。

いつもフライパン2つで作っていて、すぐに使わない分は、容器に入れて冷凍しておきます。

自家製トマトソース1


もちろん、作ったらすぐに食べたいので、今回は、ナスとイカとベーコンのトマトソースパスタを作りました。

自家製トマトソースでパスタ1

これがトマトの濃厚な旨味と甘みに、ほんのり残っている酸味のフレッシュさが合わさって、抜群の美味しさなんです。

自家製トマトソースでパスタ2

これでしばらくは、この美味しいトマトソースを使った料理が楽しめそうです。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする