2015年08月02日

小樽ではお馴染みのハッカク(八角)の塩焼き

ハッカクの塩焼き


小樽ではお馴染みの魚、ハッカク(八角)の旬といえば冬だと思うのですが、この時期でも市場に行くと、よく並んでいるんですよね。

ハッカクと言えば、その見た目は、表面がゴツゴツしていて、結構すごい容姿をしていますが、そのしまった白身は脂がのっていて、本当に美味しいんですよね。

で、今回、市場ではこんな感じで、そのゴツゴツした硬い皮を全部剥がして売っていました。

ハッカクの塩焼き1

だいたいは、背と腹の皮をとった状態で売っていることが多く、一匹まんま売っている時でも、魚屋さんにたのんで捌いてもらうと、普通は背腹の皮をとってくれるんですけどね。

いつも塩焼きでいただくのですが、今回のように皮を全部とってあれば、あとは焼く前にさっと塩をして、少し置いてから焼き、あとは中骨から外しつつ食べるだけ。

まあ、たいした手間ではないですが、皮をむく手間がないので、楽と言えば楽ですね。

で、味は、やっぱり間違いない美味しさでした。

ハッカクは、普段から食べる魚ですが、値段は安いときで一盛り4〜5匹が500円くらいで売っているでしょうか。サイズが大きくなると、一匹200円くらいの値段になることもありますね。

(これがハッカクです)
ハッカク

う〜ん、それほど身が大きな魚ではないですし、庶民の魚という程安くはないかもしれませんが、この味は、何度も食べたくなる味なんですよね。

ハッカクの塩焼き2

今回も、ハッカクの塩焼き、美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

【関連記事】
※ハッカクについては、こんな記事も書いてます。
ハッカク(八角)の刺身が売っていたので久しぶりに
ハッカク(八角)の干物が抜群に美味しかったです
脂がのってて旨味もしっかり、ハッカク(八角)の塩焼き

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | ハッカク(八角) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月15日

ハッカク(八角)の刺身が売っていたので久しぶりに

ハッカク(八角)の刺身


ハッカク(八角)といえば、見た目は悪いけど、上品な脂が乗ったその白身の味は抜群で、塩焼きなんかでよく食べる、小樽ではお馴染みの魚ですよね。

そのハッカクの刺身が、先日、スーパーで売ってたので買ってきました。

ハッカク(八角)の刺身1

ハッカクの刺身は久しぶりです。

正式にはトクビレというハッカクは、表面がゴツゴツ、トゲトゲしていて、捌くのが大変そうなんですよね。

(以前の写真から)
ハッカク(八角)

なので、いつも魚屋さんで背と腹の部分の皮を取ってもらったものを買ってきて、塩焼きで食べてるんです。

刺身は捌くのに手間がかかるので、ついつい敬遠してしまってますが、今回のように刺身で売っているといいですよね。

ハッカク(八角)の刺身img

コチコチとした歯ごたえがあって、脂がのっていて、やっぱりハッカクは刺身も美味しいですね。
これはやっぱりまた食べたいです。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 00:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | ハッカク(八角) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月15日

ハッカク(八角)の干物が抜群に美味しかったです

ハッカクの干物焼き1

ハッカク(八角)と言えば、表面がゴツゴツ、トゲトゲしていて、見た目はかなり悪いですが、その白身は脂がのっていて実に美味しい、小樽ではお馴染みの魚ですよね。

正式にはトクビレというそうですが、ハッカクは市場なんかでも普通に売られている、こんな魚ですね。

ハッカク(八角)

で、だいたいは生で売っているのを、市場で背と腹の部分の皮を取ってもらうか、もしくはその状態で並んでいるものを買ってきていました。

こんな状態のものです。
ハッカク生

で、家で塩をして、ちょっと置いてからの塩焼きでいただくことがほとんどなんですが、先日、入船市場でハッカクの干物が売っていたんですよね。皮は全部剥かれています。

こんな状態ですね。
ハッカクの干物

あれ?そういえば、ハッカクの干物の状態のものって買ったことがなかったかも。

ということで、早速買ってきて、焼いて食べました。

ハッカクの干物焼き

お〜!これは美味しい!

ハッカクの干物2

塩焼きも美味しいですが、干物のハッカクも少し身がしまり、脂がのっていて抜群の美味しさです!
しかも、買ってきて焼くだけだから、楽かも。

これは両手で持って食べた方が、身が綺麗に骨から外れますね。

ハッカクの干物1

ハッカクの干物(骨)

いや〜、ハッカクの干物、これは手軽で美味しいです。

また買ってきたいと思います。
ごちそうさまでした。


【小樽市内限定のお知らせ】
ちょっと前に紹介したのですが、先月創刊した月一回発行の北海道新聞の朝刊別刷り折込紙〈新ねっとわーく小樽〉に、「ローカルブロガー小梅太郎のおいしい小樽」という料理のコラムを掲載させてもらってます。

9月15日付に発行された、第2号となる今月は、サンマを使った料理です。
小樽市内でまだ見てない方は、是非見てみて、そしてよければ作ってみてください(口に合わなかったらごめんなさい)。

掲載料理の詳細については、改めて当ブログで紹介しますので、お楽しみに。

【関連記事】
脂がのってて旨味もしっかり、ハッカク(八角)の塩焼き
ハッカク(八角)の塩焼き

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハッカク(八角) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月06日

脂がのってて旨味もしっかり、ハッカク(八角)の塩焼き

久しぶりに、市場で並んでいるのを見て、食べたくなって買ってきました。

ハッカク(八角)です。

ハッカク店頭


これを塩焼きにすると本当に美味しいんです。
今回買ったのは、結構大きめでしたよ。

ハッカクは表面が固くてゴツゴツしていて、見た目はかなり痛そうなんですが(笑)、今回のは既に固い皮を剥いだ状態でお店に並んでいて、さらには魚屋さんで頭もとってもらったので、後は家で塩をして焼くだけの状態で買ってきました。

ハッカク塩焼き1


こうなると、さばく前の一匹まんまの状態が分からないので、以前の写真を流用しますと、こんな顔をしてるんです。

ハッカク1

ハッカク3


この時の記事はこちらです。
→「ハッカク(八角)の塩焼き

かなりユニークな外観ですよね。

で、さばいてもらったハッカクに塩をして、ちょっと置いてから焼きます。

ハッカク塩焼き2


今回のは大きくて、ガスレンジのグリルにやっと入るくらいでした。

焼き上がると、横に残っている皮は簡単にはがれるので、あとはホロホロっと身をとっていただきます。

ハッカク塩焼き


これが、ゴツゴツした外観からは想像できない、脂がしっかりのっていて、それでいて上品な旨味が実に美味しいんですよね。

頭が大きく、身が細いので、実際はそんなに食べる部分は多くないんですよね。
それに、値段もそんなに安いというわけではないのですが、それでもやっぱりまた食べたくなる味なんです。
ごちそうさまでした。

久しぶりに、ハッカクの刺身も食べたいですね〜


ちなみに正式名は、トクビレというようですが、一般的には「ハッカク」ですよね。
北海道庁の公式ホームページ内の「北海道お魚図鑑」によりますと、
体は硬い骨板に覆われ角張っており、横断面が八角形であることから、一般には「ハッカク」の名で親しまれています。長くとがった吻(目より前方の鼻先の部分)の下面や上顎後方には10本以上のひげが房状にはえています。雄の二次性徴時に第2背びれと尻びれが長く伸びてうちわのようになることから、特別に大きいひれをさすトクビレ(特鰭)の名がついたとされます。
トクビレ[特鰭]

ということですね。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハッカク(八角) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月14日

ハッカク(八角)の塩焼き

とにかく、その容姿が凄いです。
表面が固くて、ゴツゴツ、トゲトゲして、触るのも大変です。

ハッカク(八角)

ハッカク1


正式には、トクビレというようですね。
断面が八角形になるので、ハッカクと呼ばれているということですが、断面をちゃんと見たことはないです(^-^;

更に調べてみると、八角(ハッカク)は雄の呼び名、という記述も目にしますね。

で、このハッカクですが、小樽では、結構ポピュラーな魚で、実はそんなに高いわけでもないんですよ。

市場でも、よく並んでます。

ハッカク2


魚屋さんのオススメは塩焼きということですが、さばき方が…、分かりません(汗)

さすがに、この固い皮を相手にするのは大変そうなので、ここは無理をせず、魚屋さんにお願いしてしまいました。

ハッカク3


さすが、鮮やかにさばいてくれましたよ。

で、こういう状態で買ってくるわけですね。

ハッカク4
(背側)


ハッカク5
(腹側)


今回は、さっと塩をふって、1時間くらいおいて焼きました。

ハッカク6


横に残っている皮は、ピロピロ〜って簡単に剥けます。

ハッカク7


身は白身なんですが、とても脂がのっていて、旨味も強く、本当に美味しいんですよね。

ちなみに中骨はまだ残っている状態ですが、身は骨からホロホロって取れるので、この状態であれば、食べやすく、酒の肴にもピッタリですね。

ハッカク8


この塩焼きは、本当にたまりませんよ。
実際は頭も大きいですし、食べられるところは少ないですけどね(^-^;

新鮮であれば、ハッカクの刺身も美味しいんですよね。

今回は塩焼きで美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:53 | Comment(7) | TrackBack(0) | ハッカク(八角) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする