2017年03月21日

実は小樽の家庭でも気軽に食べられた「あんこう鍋」

あんこう鍋8


あんこう鍋といったら、よく知られた冬の代表的な鍋料理ですが、あまり身近なイメージはなくて(茨城県が有名なのかな)、実際、家であんこう鍋をしたことはありませんでした。

ただ、実はあんこうは小樽周辺でも獲れるんですよね。

※時期的には、冬のあんこうはもう終わりのようですね(参考:キアンコウ[黄鮟鱇] | 水産林務部水産局水産経営課)。

確かに、時々市場にあんこうが並んでいるのを目にしていて、気にはなっていたのですが、どうやって調理するのかも知らなかったので、ついつい敬遠していたんです。

ただ、ある日、北海道のローカルテレビ番組であんこう鍋を放送していて、これがなんとも美味しそうだったんですよね。

ということで、ちょっと前の3月上旬のことなんですが、思い切って市場であんこうを買ってきました。

市場では丸ごと一匹売っていることもありますが、主に鍋用にとぶつ切りに処理しているものが並んでいます。

あんこう鍋1

この日のは余市産でした。大きくはないですが、あん肝も入ってます。

あんこう鍋2


あんこう鍋を作る



あんこう鍋9

さて、あんこう鍋をするにあたり、何をどうすればいいのか全く分からなかったので、作り方をネットで色々と調べて、その中でこちらのAJINOMOTOのサイトを参考にしました。
あんこう鍋のレシピ・作り方 | あんこう 【AJINOMOTO PARK】

全然知らなかったのですが、あん肝ってスープにも使うんですね。

それでは、上記サイトを元に、ここでも作り方を書き留めておこうと思います。

スープの分量は上記サイトのほぼ半分で作りました。
水4カップ/ほんだし 大さじ1/醤油50cc/みりん 大さじ2/酒 大さじ1/味噌 大さじ2と1/4

準備した野菜などの材料は、白菜、ネギ、ニンジン、シイタケ、エノキ、水菜、豆腐といったところで、これらを普通の鍋の時のように切っておきます。

あんこうのぶつ切りは、水洗いしてから沸騰した湯で10秒ほど湯引きして、氷水につけてザルに上げて水気を切っておきます。

さて、ここから肝心のあん肝を使ったスープの準備です。
ここは、参考サイトのレシピ通りに作りました。

あん肝をさっと洗い、蒸し器で10〜25分蒸します。

あんこう鍋3

今回は分量がよく分からなかったので適当なんですが、蒸したあん肝の3分の1ほどを鍋スープ用にと5mm幅に切って、熱した土鍋に入れて、弱火でから炒りしていきます。

あんこう鍋4

焦げ付かないかとおっかなびっくりだったのですが、徐々にそぼろ状になってきて、脂も少し染み出ていい感じに香りが出てきました。

そこに、味噌を少しずつ加えて、さらに炒っていきます。

あんこう鍋5

そして、水を少しずつかき混ぜながら加えて、ほんだし、醤油、みりん、酒を加えればスープの完成です。

あんこう鍋6

そこそこ手間がかかりましたが、なんだかいい味してます。

あんこう鍋7

そこにぶつ切りのあんこうと他の材料を入れて強火にかけて、煮立ったら残りのあん肝を入れて、アクを取りながらさらに煮込みます。

材料に火が通ったら、最後に今回は水菜を入れてさっと火が通れば、あんこう鍋の完成です。

あんこう鍋8

いや、これは手間をかけただけのスープの味わいですね。コクがあって実に旨い!

あんこう鍋10

あんこうの身も美味しくて、皮の部分はプルンプルンです。

あんこう鍋11

最後は雑炊にして、スープも全部いただきました。

あんこう鍋12

いや〜、家でもこんな気軽にあんこう鍋が食べられるなんて、なんで今まで作らなかったんだろう。

残念ながら、あんこうの旬は冬ということで、旬の季節は終わりのようですが、あんこう鍋は今後、我が家の鍋のレパートリーにしたいと思います。

あんこう鍋、ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 22:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 鍋料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え〜!めちゃめちゃ安くないですか?
アンコウと言えば高級魚だと思うのですが・・・

1匹丸ごと買われなくて正解。
あれ 切るの難しいんですよね。

見た目は悪いけど 白身でぷりぷり
私も食べたくなりました!!
Posted by じゅん子♪ at 2017年03月22日 08:34
エッ!アンコウが小樽近海で獲れるとは!
余市産と札にも書かれていましたね。

あの姿から想像もつかない程上品な白身。

昔、欧州で欧州人スタッフと日本食レストランへ。
そこにアン肝があり、一緒に食べたのですが、翌日皆に
湿疹が出ました。
症状が軽くて皆普通に仕事が出来てよかったのですが
やはり魚介類は、新鮮なものに限りますね。


Posted by dlbzw31 at 2017年03月22日 09:23
じゅん子♪さん、こんにちは。
そうなんです。安いですよね!
あんこうといったら、ちょっと高級なイメージがありますが、小樽では地物も揚がる、実は身近な魚でした。
確かに、一匹買ってもさばけませんね(^_^;)
本当に美味しかったので、今後はもうちょっと気軽に食べようと思います!


dlbzw31さん、こんにちは。
そうなんです。小樽であんこうって、あまりイメージがないですが、近海で獲れるんですよね。時々、ごろんとあの姿が市場にいることもあります。
今回は、初めて家で食べたのですが、やっぱり美味しかったです。
確かに、魚介類は鮮度が大事ですよね。
近海物が市場に色々と並ぶという環境は、ありがたいことですね。
Posted by 小梅太郎 at 2017年03月23日 10:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック