2016年11月10日

小樽は秋シャコ漁の季節〜大ぶりでぷりっぷりの小樽産秋シャコを味わう

小樽産秋シャコ3


小樽はいま、秋のシャコ漁の季節です。

小樽のシャコ漁は春と秋の2回あって、10月15日に解禁された秋シャコ漁は、12月10日まで続きます。

小樽沿岸というと石狩湾になるわけですが、ここのシャコは大ぶりと評判で、水揚げされたシャコはすぐに大釜で塩ゆでされてお店に並びます。

市場などでに行けば、そんな地物のシャコが、ザルに盛られてたくさん売ってるんですよね。

小樽産秋シャコ1

シャコは海底の砂の中にいて、海が荒れると巣穴から出てきて網にかかりやすくなるそうです。なので、日によってお店に並ぶ量や値段も結構変動するんですよね。庶民としては、安値を狙って買ってます!(笑)

ということで、先日、小樽の秋シャコを買ってきました。

小樽産秋シャコ2

剥きシャコも売ってますが、この時期はほとんど、殻のついたままの状態ですね。

シャコの殻は、剥くのがなかなか大変なんですが、それもまた美味しいシャコを味わうための行程です。

我が家流ですが、シャコの殻の剥き方は、こちらの記事に書いた感じでやってます。
シャコ(蝦蛄)の剥き方: 小樽で家庭料理

小樽産秋シャコ4

今回は私も剥いたのですが、上手く剥けてないのが私のやったシャコですね(汗)

しか〜し!味は間違いないです。

小樽産秋シャコ5

ぷりっぷりで甘味があって、旨味も強くて、相変わらず抜群の美味しさでした。


そしてこの時期、シャコと言えば、今年も小樽産のシャコをPRするイベント「第9回小樽しゃこ祭」が、11月12日(土)・13日(日)の2日間、港方面のおたるマリン広場で開催されます。

約3万匹のシャコが用意されて、シャコ汁やゆでシャコをはじめとして、今年も様々なシャコ料理が提供されるようですよ。

※参考:第9回小樽しゃこ祭(おたるぽーたる)


ということで、今年も小樽産の秋シャコを美味しくいただくことができました。
ごちそうさまでした。

秋シャコの漁期は12月10日までなので、もうしばらくは、小樽の秋シャコを楽しめますね。

【姉妹ブログの関連記事】
小樽は秋シャコ漁の真っ最中。そして、今年も「第9回小樽しゃこ祭」が開催されます: 小梅太郎の「小樽日記」

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャコ(蝦蛄) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。