2016年10月25日

焼きシイタケはひっくり返さずじっと待ちます

焼きシイタケ3


ちょっと大きめのシイタケが手に入ったので、久しぶりに焼きシイタケでいただきました。

いい味が出て、色んな料理に活躍するシイタケですが、単品で焼いて食べるのも美味しいですよね。

我が家では、焼きシイタケをする時は、以前、テレビで見た焼き方で、一度焼き始めたらほぼ動かしません。

油を薄く敷いて熱したフライパンに、軸を切ったシイタケを並べて、軸の切り口中心にさっと塩をふります。

焼きシイタケ1

せっかくなので、軸も一緒に焼いてます。

火は焦げないように中火くらいで、あとはそのままじっと待ちます。絶対にひっくり返しません。

すると、傘の部分から、じわ〜っとシイタケのエキス(?)が染み出てくるんですよね。

焼きシイタケ2

だいたいこの辺りでシイタケがしっとり柔らかくなってると思うのですが、確認するにはそっとシイタケを箸で挟んでみるといいですね。ただ、その時、絶対エキスをこぼさないように!

フライパンから、エキスをこぼさないようにそっと皿にとればできあがり。

焼きシイタケ3

火を通しすぎると、このエキスが乾いて、シイタケのしっとり感もなくなるので、要注意です。

塩をふってあるので、このままいただきます。

焼きシイタケ4

シイタケの旨味が凝縮していて、香りもすごく良くて、“シイタケ食べてる〜!”って感じで、これが美味しいんですよね。

焼きシイタケ、ごちそうさまでした。

【関連記事】
焼きシイタケはじっと待つ、するとエキスが染み出てきて…

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。



《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜(フキ、キノコ、細竹 等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック