2016年03月22日

骨から肉がホロッと外れる「スペアリブのビール煮」

久しぶりに、肉をガッツリと食べたくなり、すっかり我が家の定番となりつつある「スペアリブのビール煮」を作りました。

スペアリブのビール煮6

初めて作った時は、もちろん、あちこち色々と調べて作ったのですが、なんとなく我が家流の作り方も確立してきたかも。

圧力鍋を使うのですが、その作り方は、以前のこちらの記事で紹介してます。
柔らかスペアリブをガッツリいただく〜「スペアリブのビール煮」

ただ、この記事の時は、最初に作った時で、何となく酸味を加えようと白ワインビネガーを使ってみたのですが、最近はなしで作ってます。

ビールを使うのはちょっともったいない気もするのですが、それ以上に美味しくできるんですよね。
もし、賞味期限間近や賞味期限切れのビールがあれば、間違いなくこのビール煮を作ります。

で、作る手順としては、まずスペアリブに塩・コショウをして馴染ませるですが、今回は美味しそうなスペアリブが手に入りました。これは南樽市場の肉屋さんで買ってきましたよ。

スペアリブのビール煮1

で、フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、スペアリブの表面がこんがり焼き色になるまで焼き、圧力鍋に移します。

スペアリブのビール煮2

次にくし切りにしたタマネギも炒めて(肉と一緒に炒めてもいいのですが、フライパンに入らないので別々に炒めてます)、これも圧力鍋に。

ここにピールをどどどっと入れて、続いてコンソメ、ローリエを入れて、火にかけて、灰汁をとりつつビールのアルコール分を飛ばします。

スペアリブのビール煮3

フタをして15分〜20分くらい圧をかけ、放置して圧を下げて、塩・コショウで味を整えれば出来上がりです。

スペアリブのビール煮4

スペアリブのビール煮7

ガッツリいただきます!

スペアリブのビール煮img

実際にビールの効果がどれほどあるのかは分からないのですが、これが本当に肉が柔らかくなって、骨からもホロッと外れるんですよね。かすかに感じるビールにのほろ苦さも、またいいですね。

スペアリブのビール煮8

やっぱり大満足の美味しさです。
ごちそうさまでした。

【関連記事】
柔らかスペアリブをガッツリいただく〜「スペアリブのビール煮」
「スペアリブのビール煮」で柔らかな肉をガッツリと

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豚肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。