2016年03月03日

カツオの漬け丼〜タタキ風にフライパンで焼いて漬けダレに

ちょっと前に、マグロの漬けを作った際、漬けダレを酒とみりんを煮切ってちゃんと作ったところ、これがなかなか美味しくできたので、それに味を占めて、今度はカツオの漬けを作ってみました。

カツオの漬け丼img

ご飯にのせたので、カツオの漬け丼ですね。

※マグロの漬けの記事はこちら。
マグロの漬けをちゃんと作ってみました

実はカツオは、小樽ではそれほど馴染みのある魚ではないんですが(獲れませんからね)、もちろん、旬の時期には生が、そうでなくても冷凍のカツオがお店には並んでいるので、我が家はちょくちょく買ってます。

で、今回は食べるタイミングを逃して、冷凍庫で保存していた生カツオがあって、ちょっと味が落ちてそうだったので、血合いをとり、漬けにしてみることにしたわけです。

さらに思い立って、タタキ風にフライパンで表面に焼き目を付けてみました。

油をひいたフライパンで全面を結構しっかり焼いて、それを氷水に入れて身をしめ、手頃な大きさに切って、あとは用意したタレに漬けるだけです。

その漬けダレは、先日のマグロの漬けダレを基本に、ショウガとニンニク(チューブのですが)を追加してみました。
何だか、カツオって、ショウガとニンニクが合いそうですよね。

漬けダレの分量は、酒 大さじ2、みりん 大さじ1.5、醤油 大さじ3 の割合です。

酒とみりんを鍋に入れて沸騰させ、アルコールを飛ばして冷ましておき、そこに醤油を加えれば漬けダレの準備はOK。

カツオの漬け

あとは、バットなどに先ほどの切ったカツオを並べて、ダレに漬けます。
漬かってない面があれば、途中でひっくり返し、20分ほど漬ければ完成です。

小ネギか青ジソがあれば良かったのですが、この時なかったので、このままご飯にのせて、ゴマをかけていただきました。

カツオの漬け丼

う〜ん、これは上手くいった。美味しいです!

元々カツオって、生臭さが気になることもあるのですが、そんな時にもフライパンでタタキ風に表面を焼くのはいいかも。

ということで、カツオの漬け丼、美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》

【カツオ(鰹)の最新記事】
posted by 小梅太郎&花子 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | カツオ(鰹) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。