2016年01月05日

今日の美味しい一枚:飯寿司(イズシ)も正月には欠かせません

正月料理というわけではないのですが、飯寿司(イズシ)も我が家の正月には欠かせない料理となってます。

飯寿司

といいつつ、実は毎年、飯寿司はご近所さんの自家製のものいただいているんです。ありがたいです。

普通の漬け物とは違い、家庭で作るのは難しいと思うのですが(我が家は作れません)、これが美味しいんです。

こちらがハタハタの飯寿司で、
ハタハタの飯寿司

こちらが鮭の飯寿司です。
鮭の飯寿司

もちろん、寒い季節になると、お店でも各種飯寿司が並ぶ、北国ならではの料理ですね。

で、飯寿司といっても、普通の寿司とは違うので、知らない方はピンとこないかもしれませよね。
北海道の「佐藤水産」のサイトに飯寿司について説明があるので、引用されていただきますと、
飯寿司とは、ご飯と魚・野菜・麹を混ぜて、重石をのせて漬け込み、乳酸発酵させて作る主に北国ならではの郷土料理です。魚は、ハタハタ、鮭、にしん、ホッケなどで、キャベツ、大根、ニンジンなどの野菜と一緒に仕込みます。近江の「ふなずし」、若狭の「鯖なれずし」、金沢の「かぶらずし」などとよく似た、乳酸発酵させて作るなれずしの一種です。
北海道の飯寿司(いずし)の販売: 北海道「佐藤水産」

ということで、その発酵臭や酸味が苦手な方も多いようで、好みは分かれる所ですが、これが何ともクセになる美味しさで、もちろん、酒によく合うんです。

最近は、正月くらいにしか食べる機会がないのですが、かえってそれで、正月に欠かせない料理になってます。
ごちそうさまでした。

【関連記事】
北国ならではの飯寿司(イズシ)は正月には欠かせないクセになる味
正月の食卓には飯寿司

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。



《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック