2015年11月15日

“肉ガッツリ系”メニュー「スペアリブのビール煮」を久しぶりに

先日、我が家の“肉ガッツリ系”メニューのひとつ、「スペアリブのビール煮」を久しぶりに作りました。

スペアリブのビール煮

以前はスペアリブといえば、タレに付け込んで焼いていたのですが、ちょっとまえにこのビール煮を作って上手くいって以来、何だか、すっかり気に入ってしまいました。

肉がホロホロっと柔らかくなるんですよね。
とはいえ、結構手間なので、まだ作るのは3回目なんですけどね。

作り方は、最初に作った時のこちらの記事でどうぞ。
柔らかスペアリブをガッツリいただく〜「スペアリブのビール煮」


ざっと書いておくと、塩・コショウをしておいたスペアリブと、くし切りにしたタマネギをオリーブオイルを熱したフライパンで炒めます。

そして、スペアリブの表面にこんがり焼き色がついたら、圧力鍋に移して、ピールを入れて、ローリエ、コンソメを入れて、火にかけ(まだフタはしないで)、灰汁をとりつつビールのアルコール分を飛ばします。

前回までは、白ワインビネガーを入れてたのですが、今回はなし。
実は2回目に作った時に、ちょっと苦みが残ったので、原因は分からないのですが、今回は白ワインビネガーを止めてみて、ビールのアルコール分をしっかり飛ばしてみました。

ちなみにビールは、物置の隅に置き忘れて、賞味期限切れになってしまったビールを使ってます。

スペアリブのビール煮1

で、フタをして圧を15〜20分ほどかけ、放置して圧を下げ、塩・コショウで味を整えれば完成です!

スペアリブのビール煮3

これ、本当に肉が柔らかくなって、美味しいんですよね。
骨からもホロッと取れるんです。

スペアリブのビール煮2

いや〜、肉をガッツリ食べて、大満足のスペアリブのビール煮でした。
ごちそうさまでした。

【関連記事】
柔らかスペアリブをガッツリいただく〜「スペアリブのビール煮」
「スペアリブのビール煮」で柔らかな肉をガッツリと

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豚肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック