2015年11月01日

肉はホロホロ、軟骨部分はプルプル「パイカ(豚バラ軟骨)の煮込み」

前からあったのかもしれませんが、最近、スーパーなんかでよく目にするのが、「パイカ」という豚バラ軟骨の部位です。

先日も、安く売っていたので、1kgほど買ってきて、お気に入りの「パイカ(豚バラ軟骨)の煮込み」を作りました。

パイカ(豚バラ軟骨)の煮込み2

このブログでも何度か掲載しているのですが、何故か店頭に安くたくさん並ぶのが、寒くなってきてからなんですよね。なんでだろう。

我が家では、しょうがの薄切りを入れて圧力鍋で作ってるんですが、このパイカという部位は、豚バラ軟骨といっても、軟骨部分は煮込むとプルプルになるんですよね。

パイカ(豚バラ軟骨)の煮込み中

すいませんが、作り方は以前のこちらの記事でどうぞ。
パイカ(豚バラ軟骨)の煮込み

この時、いつも必ずゆで卵を入れて、煮卵も一緒に作ってます。

圧力鍋で調理後、さらに普通に少し煮詰めるといいかも。
味が染みたパイカと卵が美味しいんですよね。

パイカ(豚バラ軟骨)の煮込み1

パイカは肉の部分がホロホロを柔らかく、軟骨部分もプルプルです。

パイカ(豚バラ軟骨)の煮込み3

もちろん、すぐにも食べますが、一晩置いて味をさらに染み込ませて、表面についた余分な油を取り除いてから食べると、脂分もさほど気にならず、一層美味しく食べられますね。

そして、これを作ったときにはラーメンが食べたくなるんですよね(もしくは沖縄そばですね)。

パイカ(豚バラ軟骨)の煮込みとラーメン

インスタントラーメンも一気に豪華になります。
ごちそうさまでした。

【関連記事】
パイカ(豚バラ軟骨)の煮込み
パイカ(豚バラ軟骨)の煮込みを作ると、沖縄そばが食べたくなる

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 豚肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック