2015年06月18日

ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)/〈新ねっとわーく小樽〉掲載

私・小梅太郎が料理コラムを担当している、小樽市内限定の北海道新聞朝刊折込紙〈新ねっとわーく小樽〉の第11号が、6月14日に発行されました(新聞休刊日の関係で、いつもの15日ではなく、前日14日に折り込まれました)。

今号のコラム「ローカルブロガー小梅太郎のおいしい小樽」の掲載料理は、「ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)」でした。

ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)img

こちらでツブとホタテと言えば、とても一般的な貝ですよね。

ということで、小樽市外の方に、また、市内でもこの折込紙を見られない方にも紹介したいので、いつものように今回も当ブログで改めて掲載します。

実はこの料理、このブログでは「ツブ貝とホタテのアヒージョ風」といった名前で、これまで何度か掲載していたのですが、実際はアヒージョというほどオリーブオイルの量は多くなく、煮込むという感じではないので、コラム掲載にあたって名前を変えました。

今回のタイトルは“ツブとホタテ”となってますが、美味しいダシが出るツブをベースに、ホタテの他にイカやエビ、タコ、ホッキなど、小樽の美味しい魚介類なら何を入れてもいいんですよね。実際、今回はイカを入れてます。

ツブはもちろん生を下茹でして、殻から身を取り出して使ってもいいのですが、市場などではボイルしたツブが売ってるので、それを使うと簡単ですね。

ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)

それでは、いつものように、ざっくりと作り方を。


ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)の作り方



【材 料】材料の分量は本当に適当です。

具材は、ボイルツブとホタテとイカを用意しました。ホタテは味が出るのでヒモも使います。

ソースは、バジルソースにオリーブオイル、粉チーズ、おろしニンニク、塩を加えてあらかじめ作っておきます。
割合は、バジルソース:大1/オリーブ油:大2/粉チーズ:小2、といった感じです。

ツブとホタテのオーブン焼き用バジルソース

ちなみに、我が家は時期であれば自家製のバジルソースを使うこともありますが、市販のバジルソースであれば、ニンニクや塩が入っていたりするので、それは味を見て加減してます。

【作り方】

ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)調理中

耐熱皿に適当な大きさに切った具材を並べ、ソースを全体にまぶします。

ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)調理中1

アルミホイルをかけてオーブンで 15分ほど加熱し、グツグツしてきて具材に火が通ったらアルミホイルを外し、更に3分ほど加熱して少し香ばしく仕上げれば完成です。

ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)1

バジルのいい香りがして、ツブとホタテの旨味たっぷりのダシが染み出て、これが本当に美味しいんですよね。

ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)img

皿には、そのダシ汁が残るんですが、これをパンやパスタに付けても抜群で、皿の底を拭うように最後まで美味しくいただいてしまいましょう!

(これは以前の写真から)
ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)プラスパスタ1

ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)プラスパスタ

そうそう、そのコラムにも書いたのですが、この料理、これからの季節にバーベキューの一品に加えても行けそうですよ。

ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)アルミ

アルミホイルに包んで、炭火などの上で蒸し焼きにすればOKですね(最後に香ばしく仕上げるのは、ちょっと無理ですが)。
実際に直火で試してみたのですが、火加減が強いと焦げるので注意です。

ということで、今回は〈新ねっとわーく小樽〉のコラム掲載の「ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)」を美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

【関連記事】
ツブ貝とホタテのアヒージョ風
バジルソースを使った「ツブ貝のアヒージョ風」〜後からパスタ投入
ツブとイカのアヒージョ風。もちろんパスタ追加

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。


《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック