2015年05月29日

カスベの煮付けは定番の美味しさです

カスベの煮付け2

カスベとはエイのことで、知らない人が聞いたら「エイ?」って思うかもしれませんが、これが美味しいんですよね。

中でもカスベの煮付けは、こちらでは定番とも言えるのではないでしょうか。

売っているのはヒレの部分で、お店ではこんな風に売ってます。

カスベ

今回、これをお店で煮付け用にと切ってもらったのですが、始めからぶつ切りにして売っている場合が多いかもしれません。

カスベの煮付け調理中

作り方は、いつもの我が家流ですが、こちらの記事にざっくり書いてます。
カスベの煮付け〜カスベとはエイのことです: 小樽で家庭料理

カスベの煮付け調理中2

といっても、特別な調理ではなく、鍋に水、醤油、酒、砂糖にショウガ薄切りを入れ、沸騰したら洗ったカスベを入れて、再度沸騰したら中火にし、落とし蓋をして15分ほど煮れば出来上がりです。

カスベの煮付け1

身離れがとても良くて、柔らかいけどプリッと締まった身は、くせもほとんどなくて、美味しいんです。

身も厚く、しっかりとした食べ応えがあるので、ご飯のおかずにいいですね。
もちろん、酒の肴にもぱっちりです。

カスベの煮付け3

そうそう、骨は軟骨なので、コリコリと全部食べることができるんですよ。

カスベの煮付け4

骨が気にならずに、食べやすいというのもいいですね。

また、カスベの煮汁を冷蔵庫に入れておけば、プルンプルンの煮こごりになって、これがまた美味しいんですよね。

身も骨も煮汁も、丸ごと美味しいカスベの煮付け、ごちそうさまでした。

※種類については詳しくは分かりませんが、カスベはガンギエイ科のエイのことだそうで、お店で売っているのは真カスベと水カスベとあって、真カスベの方がちょっと高いでしょうかね。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | カスベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。