2014年07月22日

瓶詰めの茹でタケノコ(細竹)をもらいました〜すごく綺麗で美味しい!

知り合いから、瓶詰めの茹でタケノコ(細竹)をもらいました。

瓶詰め茹でタケノコ

こちでタケノコといえば、ほぼこの細竹(正式にはネマガリダケ)のことですね。

で、我が家では、タケノコを保存する時はいつも、茹でた後に密閉容器に大量の塩で塩漬けにしておくんですが、
旬のタケノコ(細竹)をいただきました〜採りたてを焼きタケノコで!

今回もらったのは、塩は使わずに瓶詰めにしているそうです。

瓶詰め茹でタケノコ1

お〜!そんな方法があるとは知りませんでした。

どうやらタケノコの長期保存として、このようなほぼ真空状態にする“瓶詰め保存方法 ”というのもあるんですね。

う〜ん、こっちの方がすぐ使えるし、何だかいいな〜
今度、その方法についてちょっと調べてみたいと思います。

で、もらった、瓶詰めのタケノコはというと、

瓶詰め茹でタケノコ2

いや〜、美しい〜

こっちの瓶は、短めのタケノコが綺麗に揃って入ってました。
見事な処理で保存されてますね。

茹でてあるので、そのままでもいい香りがして、サクっと美味しくいただけちゃいます。

茹でタケノコ

もちろん、料理にも瓶から取り出してそのまますぐに使えるので、便利ですね。

茹でタケノコで中華丼

今回は、タケノコたっぷり中華丼でいただきました。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

それにしてもいいですね、瓶詰めの茹でタケノコ!

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜(フキ、キノコ、細竹 等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。