2014年03月06日

脂がのってて旨味もしっかり、ハッカク(八角)の塩焼き

久しぶりに、市場で並んでいるのを見て、食べたくなって買ってきました。

ハッカク(八角)です。

ハッカク店頭


これを塩焼きにすると本当に美味しいんです。
今回買ったのは、結構大きめでしたよ。

ハッカクは表面が固くてゴツゴツしていて、見た目はかなり痛そうなんですが(笑)、今回のは既に固い皮を剥いだ状態でお店に並んでいて、さらには魚屋さんで頭もとってもらったので、後は家で塩をして焼くだけの状態で買ってきました。

ハッカク塩焼き1


こうなると、さばく前の一匹まんまの状態が分からないので、以前の写真を流用しますと、こんな顔をしてるんです。

ハッカク1

ハッカク3


この時の記事はこちらです。
→「ハッカク(八角)の塩焼き

かなりユニークな外観ですよね。

で、さばいてもらったハッカクに塩をして、ちょっと置いてから焼きます。

ハッカク塩焼き2


今回のは大きくて、ガスレンジのグリルにやっと入るくらいでした。

焼き上がると、横に残っている皮は簡単にはがれるので、あとはホロホロっと身をとっていただきます。

ハッカク塩焼き


これが、ゴツゴツした外観からは想像できない、脂がしっかりのっていて、それでいて上品な旨味が実に美味しいんですよね。

頭が大きく、身が細いので、実際はそんなに食べる部分は多くないんですよね。
それに、値段もそんなに安いというわけではないのですが、それでもやっぱりまた食べたくなる味なんです。
ごちそうさまでした。

久しぶりに、ハッカクの刺身も食べたいですね〜


ちなみに正式名は、トクビレというようですが、一般的には「ハッカク」ですよね。
北海道庁の公式ホームページ内の「北海道お魚図鑑」によりますと、
体は硬い骨板に覆われ角張っており、横断面が八角形であることから、一般には「ハッカク」の名で親しまれています。長くとがった吻(目より前方の鼻先の部分)の下面や上顎後方には10本以上のひげが房状にはえています。雄の二次性徴時に第2背びれと尻びれが長く伸びてうちわのようになることから、特別に大きいひれをさすトクビレ(特鰭)の名がついたとされます。
トクビレ[特鰭]

ということですね。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハッカク(八角) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。