2013年05月01日

ポン酢とジンギスカン用のタレの2種類で「ラムしゃぶ」

やっぱり、こちらは(というか我が家は?)ラム肉の消費量が多いです。

このブログでは再登場ですが、「ラムしゃぶ」をしました。

ラムしゃぶ3


子どもの頃からラムしゃぶはよくやってたんですよね。
昔はなかったと思うのですが、今は肉屋さんで、ラムしゃぶ用に薄く切ったラムが普通に売られてるんです。

ラムしゃぶ用の肉


ラムしゃぶといっても、我が家のは見た目は普通の鍋です(笑)

ラムしゃぶ1


一応、最初に鍋に昆布は入れてますが、お好みで野菜類もたくさん入れてしまいます。

そして、ここにしゃぶしゃぶ用の薄切りラム肉を入れるわけですね。

ラムしゃぶ2


薄切りなので、それこそ箸で持って、しゃぶしゃぶとすれば、すぐに火は通ります。

ラムしゃぶ5


というか、せっかく薄く切ってもらっているので、火を通し過ぎて肉が堅くなるのはもったいないです。

灰汁が結構出るので、こまめに取り除いたほうがいいですね。

そうそう、タレですが、我が家はよく、ポン酢とジンギスカン用のタレの2種類を用意します。

ラムしゃぶ用タレ


しゃぶしゃぶとなると、もちろんポン酢が合うのですが、ラム肉はジンギスカン用のタレでも食べたくなるんですよね。
なので、いつも2種類並べてます。

ジンギスカンのタレと言えば、こちらでは好みで、主に「ベル」派と「ソラチ」派の2つに分かれますが、ちなみに我が家は「ベル」派です(笑)
(昔はよく自家製のタレを作ってました)

ラムしゃぶ4


そうそう、ゴマダレがあってもいいかもしれませんね。

ラム肉は柔らかいわけではないですが、独特な旨味と、もちろん匂いも含めて好きなんですよね。

美味しかったです。ごちそうさまでした。


▼「成吉思汗たれ」で調べる。
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラム肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック