2012年05月10日

クロソイの刺身と煮付け

先日ご近所さんから、釣ってきたばかりの巨大なソイを頂きました。

クロソイ1


それにしてもでかい!
おそらくこれはクロソイですね。

ソイと言えば、確かメバルの仲間だと思うのですが、釣りで親しまれている魚ですよね。
こちらでは市場にも普通に並んでいますが、そんなに沢山は見かけません。
鮮度が落ちやすいとのことですよ。

あまり食べる機会がないのですが、刺身や煮付けは美味と言われますね。

実際、我が家でも久しぶりですね。
しかもこんなに立派なソイですからね。

クロソイの特徴は、涙骨(目の下の骨)が尖っていて、はっきりした棘があることだそうです。
更に、背ビレとかのトゲも鋭いんですよね。取り扱い注意です。

奥さんが悪戦苦闘しながら、三枚に捌いてくれました。

クロソイ3


結構ぬめりがあって、お腹には大きな卵も入っていたので、かなり扱いにくかったようです。

クロソイ2



今回は、まず身の部分は刺身とカルパッチョ風に。

クロソイ刺身


刺身はソイならではのコチコチした歯ごたえと、白身ならではの食べやすさの中にも程よく脂がのっていて、やっぱり美味しいですね。

そして、カルパッチョ風ですが、我が家は白身でよくやるのですが、塩をふって一時間程冷蔵庫に入れておき、梅肉とオリーブオイルとレモン汁の梅ソースで味付けます。
白髪ネギを添えていただきます。
これが、梅干しの酸味が効いて、刺身とはまた違った美味しさです。

そして、アラの部分は卵も入れて煮付けにしました。

クロソイ煮付け


煮付けというと、我が家は普段は醤油だけですが、今回は珍しくちょっとだけ酒と砂糖を入れて、濃いめに味付けをし、ゴボウと一緒に煮ました。
ちょっと見た目は悪いですが、まあ、美味しくない訳がないです(笑)

こんな立派な黒ソイは、なかなか食べる機会がないですからね。
たっぷりと堪能させてもらいました。ごちそうさまでした。


そうそう、その後、残った煮汁が煮こごりになったので、ご飯にかけていただきました。

クロソイ煮こごり
(ちなみにその日は生チラシでした)


いや〜、釣りはしないのですが、こういうのを頂いたりすると、せっかく小樽にいるのですから、釣りもやりたいですね〜

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 18:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴージャスですね!!!

なんておいしそう♪

小樽にお住まいなのに釣りをしないなんてもったいない〜

海の近くに住むのあこがれます!!
Posted by junjun at 2012年05月13日 07:30
junjunさん、こんばんは。
久しぶりに、ソイを堪能できました。
美味しかったです(*^-^)

そうなんですよ。せっかく小樽にいるので、釣りはしてみたいんですよね。
釣りをするのが目標です(笑)
Posted by チーム小梅(小梅太郎) at 2012年05月13日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。