2012年03月17日

小樽産のニシン焼き

かつては小樽の繁栄を支えたニシン。
一時期は全く獲れなくなっていた小樽のニシンですが、ここ数年は小樽の前浜がニシン漁で賑わってます。

おかげで、市民は獲れたて新鮮ニシンを味わう事ができますね。

普通サイズなら安売りで1皿3匹300円。
つまり1匹100円でいただけちゃいます。

ただ、今回は市場で、大きくて更にメスの子持ち、つまり数の子狙いです(笑)

小樽産ニシン1


立派なニシンで、メスで1匹350円!
全長は35cmでした。

まずウロコをとるんですが、改めて見ると、ニシンのウロコって大きいんですよね。

小樽産ニシン2


それから頭と尾を落として、数の子を崩さないように内蔵を処理して、塩をふっておきます。

小樽産ニシン3


一時経ってから、魚焼きのグリルで焼き始めたのですが、

小樽産ニシン焼き1


頭と尾を落としても大き過ぎて、いっぱいいっぱいですね。

で、焼き上がりました〜

小樽産ニシン焼き2


新鮮、焼きたてをもちろん美味しくいただきましたよ。

小樽産ニシン焼き3


そして、

小樽産ニシン焼き数の子


立派な数の子も入っていました(*^-^)

ホント、地元の獲れたてが食べられるのに感謝ですね。
ごちそうさまでした。


1月から始まった、小樽のニシン漁も、確か今月3月25日までだったと思います。
新鮮な小樽産のニシンを食べられるのも、今年はもうすぐ終わりです。


実は先日、小樽の張碓(はりうす)の岸壁にトド約50頭が上陸してというニュースがあったんです。
トドたちは、ニシンを追ってきたという事で、漁業被害も出ているようです。


※今回の「小樽産のニシン焼き」は、ブログ『小梅太郎の「小樽日記」』で掲載済みの料理を、加筆の上紹介しました。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニシン(鰊) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。