2012年02月03日

殻付きホタテ焼き

昨年もなんですが、今年も立派な殻付きホタテ貝をご近所さんからもらってしまいました。
なんと嬉しことか!

殻付きホタテ


刺身も良いのですが、私はちょっと火が通っているのが好きなので、殻付きのホタテ焼きで頂くことに。

殻付きといっても、我が家は一旦殻から外します。

まず平らな方の貝殻にテーブルナイフのようなものを入れて、貝柱を外します。
片方の貝柱を外すまでは、貝が急に閉じたりするので注意です。

すると、片方の貝殻をとることが出来ます。

殻付きホタテ焼き1


比較にみかんを置いてみましたが、よく分からないですね(汗)
けど、結構な大きさです。

反対側の貝柱も外して、身を塩水で洗います。

黒い(濃い緑)部分のウロは取り除きます(ここは中腸腺といって、時期によっては貝毒がたまることもあるそうで、普通は食べません)。

深い方の貝殻に身を戻して、網焼きにします。

殻付きホタテ焼き2


それにしても、なんと分厚い貝柱!

お酒と醤油をちょっとだけたらして、お好みでバターをのせて、頂きま〜す。

殻付きホタテ焼き3


先日紹介した卵ももちろん、美味しく頂きました。

食べかけの写真ですいませんが、本当に美味しいんです(笑)

殻付きホタテ焼き4


普段は、さばくのも手間なので、ほとんどの場合はむき身を買いますが、そもそも、これほど大きな殻付きのホタテ貝は、そうそうお店には並びませんからね。
やっぱり殻付きは何だか贅沢というか、豪華ですね(笑)

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。



《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホタテ(帆立) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック