2012年01月31日

鮭の氷頭なます

先日紹介しましたが、塩鮭丸ごと一匹を頂いてしまいました。
※その記事はこちら →「塩鮭一匹入手

そこで、今度はこれを作りました。
一匹まんま手にすることは、ほとんどないですからね。

鮭の氷頭なます

氷頭2


「氷頭(ひず)」は鮭の頭部の軟骨のことですね。

で、普通「氷頭なます」といえば、酢に漬けた氷頭を、主に甘酢で仕上げるようですが、我が家は基本、酢に漬けるのみです。

氷頭1


更に、氷頭は普通もっと薄切りにするようですが、我が家はなんとも豪快ですね(笑)

巷のレシピを見ると、“酢に数時間漬けて”なんて紹介を目にするのですが、なんたってうちのは厚切りのせいもあるので、酢には数日間、冷蔵庫で漬けっぱなしにしています。

何日くらいかって!?
食べてみて、いい感じになるまでです(笑)
実際は、今回は5日間位は冷蔵庫の中でした。

大根おろしを添えたりもするようですが、我が家では、ホントに酢に漬けた後、そのものを頂く感じですね。

氷頭3コリコリとした食感が何とも美味しくて、酒の肴に合うんですよね。

甘酢で作ってもみたのですが、やはり我が家では、酢のみがいいようです(笑)

思いがけず、塩鮭丸ごと一匹頂いてしまい、久しぶりにこの珍味を食べることができました。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》
タグ: 氷頭

posted by 小梅太郎&花子 at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | サケ・マス(鮭・鱒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック