2011年11月21日

イカのゴロ煮

小樽は新鮮で美味しいイカが手軽に手に入ります。
夏から秋にかけては旬のスルメイカがホントに安く手に入りますし、更に冷凍されて、結局、年中手に入ります。
刺身に、焼き、煮、塩辛、炒め物等、とにかくイカは使い勝手もよいですよね。

そんな中、特に特別な調理方法ではないのですが、こういう料理方法があるんだ〜、というレシピを目にしました。

それは、北海道新聞の“小樽・後志”欄に時々載っている、市内の市場の方による、新鮮魚介類の調理方法の紹介記事です。

新鮮なイカのゴロを使った、「イカのゴロ煮」。

ちょっとだけ作り方が変わっているかもしれませんが、これが美味しいんですよ。


【材料】
イカ 2杯
ゴロ 1杯分
みそ ゴロと同量又は少なめ
砂糖 少量

【作り方】
1.イカは足とゴロを外し、胴は輪切り、足は食べやすく切る。ゴロはイカスミを除いておく。

イカのゴロ煮1


2.フライパンにゴロ、みそ、砂糖を入れ、混ぜながらから煎りする。

イカのゴロ煮2


3.なめらかになったらイカを入れからめて、火が通ったら出来上がり。

イカのゴロ煮3


ゴロとみその量はお好みで調整してください。
我が家は何度か試し、ゴロ多め、みそ少なめに落ち着きました。

この、ゴロとみそをあらかじめ混ぜるところが、なるほどですね。

イカのゴロ煮4


新鮮なイカ、つまり新鮮なゴロが手に入ったら、是非作りたい一品です。
新鮮なイカが手に入ったら、ゴロを冷凍しておくと便利です。

濃厚で、こってりですが、後を引く美味しさで、止まりません。
もちろん、酒の肴にばっちりですね。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。





《スポンサードリンク》
タグ:イカ ゴロ

posted by 小梅太郎&花子 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | イカ(烏賊) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。