2011年10月16日

自家製 いくら醤油漬け

秋になると、市場やスーパーには生鮭と一緒に生筋子が並びます。

生筋子1


この時期は、ほとんどの家庭で自家製いくらの醤油漬けを作るんですよね。

といっても、生筋子は一般家庭にとってはそんなに安いものではありません。

400円/100gくらいが普通ですかね。
これが特売とかで、何とか300円/100gを下回るのを狙ったりしてます(笑)

※今年(平成23年)は鮭がかなり不漁のようで、漁師さんも消費者も厳しいですね。

生筋子2


家庭によって作り方と言うか、味付けは様々なんですよね。


で、我が家の作り方です。

・人肌のぬるま湯に塩を入れて、ほぐします。

自家製いくら1



・ザルにあけて、冷水にとって、水を良く切ります。
水を切った後、取り残しの筋があれば、きれいに取り除きます。

自家製いくら2



・醤油をドドッと入れて、冷蔵庫へ入れます。

自家製いくら3


今回は、生筋子1kgに対して醤油は110g程度でしたが、完成後の味は、日持ちを考えるともうちょっと濃い味でもよかったかも。
家庭で作るので、結構、感覚でやっていて、普段は計ってません。


・2時間後に1回よくかき混ぜます。再度冷蔵庫へ。

自家製いくら4



・1時間後にザルにとって余分な醤油を切ります。

自家製いくら5



これでもう完成です。美味しそうですね。

今回のように大量に作った時は、保存容器に移して、冷凍します。

自家製いくら6



ご覧の通り、我が家のいくら醤油漬けは、本当に醤油のみで作るので、日持ちはあまりしません。
なので、出来たら、炊きたてご飯に乗せてどんどん食べてしまいます(笑)
(あちゃ〜、ご飯にのせた写真がない!)

余計な味がしない、シンプルな味が美味しいんですよ。



《P R》
「産直ネットショップ北海道ぎょれん」魚卵(いくら・たらこ)

ぐるなびのお取り寄せ/「ぐるなび食市場」北海道イクラ醤油漬100g





《スポンサードリンク》

posted by 小梅太郎&花子 at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | サケ・マス(鮭・鱒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック