2015年12月31日

今日の美味しい一枚:殻付き大粒・超肉厚ホタテ焼き

いや〜、ご近所さんからまたいただいてしまいました。

殻付き大粒ホタテ焼きimg

“また”といのは、時々いただくんですよね、この殻付きの大粒ホタテ
ありがたいことです。


恐らくこれは、大粒で知られている、道東の野付産のホタテだと思うんですが、とにかくこれが肉厚なんです。

殻付き大粒ホタテ焼き2

これをいただいた時は、どうしてもホタテ焼きで、贅沢に1個丸ごと食べたくなるんですよね。

我が家でホタテを殻付きで焼く時は、貝柱などを一旦殻から外して、塩水で洗って身を処理します(ウロは取ってます)。

殻付き大粒ホタテ焼き1

それを深い方の殻に戻して、お酒をさっとふって、あとはオーブンで焼いてます。

焼き加減はレアで。中がまだ生なくらいですね。
刺身でも美味しく食べられますから、さっと周囲に火が通るくらいでしょうか。

殻付き大粒ホタテ焼き3

ちなみに三日月型の卵(生殖巣)は、白っぽいのがオス(精巣)で、オレンジ色っぽいのがメス(卵巣)だそうですよ。

贅沢にそのままガブッと食べちゃいます。

殻付き大粒ホタテ焼きimg

ホタテの旨味が口いっぱいに広がって、たまりませんね。ホタテは火を通すと、甘みが増しますよね。

殻付き大粒ホタテ焼き4

お好みで、バターを乗せたり、醤油をちょろっとたらしていただくと、これまた抜群に美味しいですね。

いや〜、これだけ大きいと、かなりの食べ応えで大満足です。
もちろん、殻にたまったホタテの汁も、残さず飲み干しました。
どうもごちそうさまでした。

(あれ?全然“今日の美味しい一枚”でなかった。写真たくさん載せちゃった)

【関連記事】
殻付きホタテ焼き
殻付き大粒ホタテ焼き〜食べ応え十分で大満足の美味しさ

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月27日

たまにはガッツリとステーキも食べたいんです

魚介類が新鮮で美味しい小樽ですが、私はもちろん肉料理も大好きで、たまにはガッツリとステーキも食べたくなるんです。

ステーキ4

ということで、先日、ちょっと贅沢に家で立派なステーキを焼いて食べました(庶民はこんな肉はなかなか食べる機会はありませんが、実は、クリスマスに合わせてでした)。

ステーキの焼き方については、あちこちに色々と書かれてますが、その昔、肉屋さんから、ステーキを焼く時は、肉を焼く前に冷蔵庫から出して、常温に戻しておくこと、と教わったので、それは今も必ずやってるんですよね。

ちなみに、以前、ステーキの焼き方を詳しく調べて、試してみたんですが(記事はこちら→ちょっと調べて本格的なステーキを焼きました)、それをもとに、もうちょっと簡単に焼きました。

ステーキ1

今回は、熱したフライパンに牛脂で油を敷き、焼く直前に片面に塩・コショウをして、その面を強火で焦げ目がつくくらいに焼いて、それから上面にまた塩・コショウをして、裏返してそのまま強火で焼いてから火を弱めました。

ステーキ2

ここで、いい感じの焼き加減にするのに、火加減と時間が難しいんですよね。

そして、肉をフライパンから取り出して、アルミホイルに包み、しばし肉を休ませます。

これで、肉汁を落ち着かせて、旨味を閉じ込めることができるそうで、前に試して、いい感じなのでやってます。

ステーキ4

そして、あとはガッツリ、いただきま〜す!
いや〜、たまりませんね。
肉!肉!肉ー!

塩・コショウでも十分美味しいですが、今回はたまたま市内のステーキ屋自家製のステーキソースがあったので、それでも美味しくいただきました。

今回の焼き方がベストではないでしょうが、十分美味しく焼けて、大満足のステーキでした。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月22日

これも北海道の冬の味覚。味噌仕立ての汁が抜群の「カジカ汁」

寒くなると、身体の温まる汁物が食べたくなりますが、冬の定番ともいえるのが「カジカ汁」ではないでしょうかね。

カジカ汁

冬が旬のカジカは、寒くなるとともにお店に並び始めるんですが、そういえば、お店に並ぶカジカは、汁物前提のアラ付きのぶつ切りで売っているのがほとんどですね。

もちろん、今回も頭付きのぶつ切りを買ってきましたが、立派な肝と卵も入ってました。

カジカ汁用

カジカ汁用肝と卵

ただ、今回は肝も卵も全部鍋に入れて、これまた美味しい肝和え(とも和え)や卵の醤油漬けは、また別の機会に作ることにしました。しばらくはカジカの美味しい季節は続くので、いつでも作れますからね。

カジカ汁の作り方については、こちらの記事に書いてますが、まあ特別なものではなくて、カジカの味噌汁を作る感じですね。
カジカ汁: 小樽で家庭料理

ざっくり書くと、
・先にカジカのぶつ切りを洗って、熱湯を回しかけ臭みを取っておきます。
・野菜は大根、ニンジン、ジャガイモを火にかけ、野菜に火が通ったらカジカを入れ、あくをすくいながら10〜15分ほど煮ます。
・豆腐とカジカの肝と卵を入れて、火が通ったら、味噌を溶かしてできあがり。あっ、最後にネギを放つの忘れた。

カジカ汁調理中

カジカから美味しいダシが出るので、特に出し汁は用意しなくてもいいとも言われますが、我が家は手軽にダシを入れてます。


カジカ汁(身)

しまった感じの身も美味しいですが、プルんとした皮の部分が、これまた美味しいんですよね。
今回は肝もしっかり味わいました。

カジカ汁(肝)

何より、カジカ汁はやっぱり、カジカの旨味が染み出た、味噌仕立ての汁が抜群に美味しいんですよね。

カジカ汁

カジカ汁は、冬の間の楽しみですね。
ごちそうさまでした。

【関連記事】
〈新ねっとわーく小樽〉掲載「カジカの肝和え(とも和え)」を紹介
これも北海道の旬の味覚・美味「カジカの子の醤油漬け」【作り方】
寒い時期にはやっぱり「カジカ汁」が食べたくなるんです

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | カジカ(鰍) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月20日

今日の美味しい一枚:主役は白菜「白菜と豚バラの重ね鍋」

いや〜、毎日寒くて、晩ご飯を鍋にする機会が増えてきました。

白菜と豚バラの重ね鍋

先日やったのが、ここ数年でテレビのCMや番組などですっかりお馴染みの「白菜と豚バラの重ね鍋」です。

我が家では、重ねた白菜と豚バラを丸く敷き詰め、中心には長ネギも詰めて、だし汁と酒を入れて塩を振ります。
後は蓋をして火にかけて、材料に火が通ったら出来上がり。

白菜と豚バラの重ね鍋完成
(最近は、“今日の美味しい二枚”になってます)

作り方は、以前のこちらの記事で詳しく書いてます。
白菜と豚バラの重ね鍋

塩をしているので、そのままでも美味しくいただけますし、ちょろっとポン酢をたらして食べたりもします。

この鍋、はっきり言って主役は白菜ですよね。

豚バラから出た旨味や出汁を吸った白菜が、甘みもあって本当に美味しいんですよね。

この日使った白菜は、小さめながらほぼ2分の1。たっぶり白菜をいただきました。
ごちそうさまでした。

残った汁は雑炊にしようかな、それともうどんを入れようかな。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月17日

豆乳を使って湯葉と鍋/〈新ねっとわーく小樽〉掲載【レシピ】

私・小梅太郎が料理コラムを担当している、小樽市内限定の北海道新聞朝刊折込紙〈新ねっとわーく小樽〉の第17号が、先日12月15日に発行されました。

今号のコラム「ローカルブロガー小梅太郎のおいしい小樽」の掲載料理はこちら。

寒い時期におすすめ!「豆乳を使って湯葉と鍋

豆乳を使って湯葉と鍋(湯葉1)

鍋が恋しい季節になってきましたが、今回は豆乳を使って、最初に湯葉を楽しみ、その後に具材を入れて鍋をいただくという、1回で2度美味しい豆乳鍋を作りました。

豆乳を使って湯葉と鍋1

湯葉は市販の豆乳でも簡単に作れますが、使う豆乳は必ず「無調整豆乳」を使います。
て、豆乳を加熱すると表面に膜ができるので(これが湯葉)、それをすくうことによって楽しむことができるんですよね。

それでは、いつものように、当ブログでも作り方を説明しますね。


豆乳を使った湯葉と豆乳鍋の楽しみ方



【材 料】

豆乳(無調整):900ml(これは売ってるパックによります)
大根:1/2本/ニンジン:1本/水菜:適量
豚バラ:好きなだけ(適量)
※出し汁を豆乳と同量程度用意します。

※もちろん、豆腐屋さんで豆乳が買えたら、それが一番だと思いますが、市販の無調製豆乳でも、しっかり湯葉ができます。
※鍋の材料はお好みですが、今回はシンプルにいきました。


【材料の準備】
・豆乳と同量程度の出し汁を準備するのですが、何故かいつもこの時ばかりは、昆布とかつお節を使ってちゃんと出汁をとって、こしてます。

豆乳を使って湯葉と鍋(出汁)

・大根とニンジンは約1cm幅の厚さで切り、皮を剥き、ピーラーで長い短冊状に薄くカットしておきます。こうすることによって、火が通りやすく、スープにもよく絡みます。水菜は大きくざく切りで。

豆乳を使って湯葉と鍋(大根)

豆乳を使って湯葉と鍋(ニンジン)

・豚バラは丸めておくと見た目と食感がよく、ボリューム感も出ますよ。

豆乳を使って湯葉と鍋(豚バラ)


【湯葉を楽しむ】
では、まずは湯葉を楽しみます。

鍋に豆乳を入れて中火にかけ、沸騰しない程度に火を調整します。
ここで火が強いと鍋の底が焦げるので要注意です。

豆乳を使って湯葉と鍋(湯葉作成前)
(あっ、沸騰しちゃった、やばいやばい)

すると、表面に膜が張ってきますが、これが湯葉ですね。

豆乳を使って湯葉と鍋(湯葉作成中)

これを上手にすくいあげて、ポン酢でいただきます(わさび醤油もいいですね)。

豆乳を使って湯葉と鍋(湯葉2)

これがほんのり甘みがあって、豆のいい香りするんです。

この湯葉ですが、膜の周りが鍋にくっついているので、これをはがしてから、箸で挟むように一気にすくうと綺麗にすくえますよ。

湯葉は一人一枚ずつなので、次の湯葉ができるのが待ち遠しいですが、それも含めての美味しさと楽しさですね。


【豆乳鍋を楽しむ】
湯葉を一通り楽しんだら、次は鍋ですね。

鍋に残った豆乳と同量の出し汁を入れます。

湯葉をたくさん食べたら、豆乳の量も減ってますので、もし豆乳が残っていたら足してもいいでしょう。

豆乳を使って湯葉と鍋6

準備した具材を入れて、煮えたらあとは食べるだけです。

豆乳を使って湯葉と鍋2

豆乳を使って湯葉と鍋3

これもポン酢をたらしていただきます。

豆乳を使って湯葉と鍋4

まろやかでコクのあるスープが美味しくて、豚バラに大根、ニンジン、水菜がよく合うんです。

そのうち、鍋にはプルンプルンとした豆腐状のものができてくるので、これをすくって食べるのもなかなか美味しいです。

そうそう、途中でラー油をたらしていただくと、ちょっと違った味わいを楽しめますよ。

他に、以前、テレビで見たのですが、焼きもちなんかを入れても美味しいですよ。お試しあれ。

豆乳を使って湯葉と鍋5

スープが本当に美味しくて、どんどん飲んでしまえるんですが、ここは〆のためにちょっと残しておきます。

その〆ですが、うどんやおじやは間違いないですね。

豆乳を使って湯葉と鍋(〆)


ということで、今回は〈新ねっとわーく小樽〉のコラム掲載料理「豆乳を使って湯葉と鍋」を美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月15日

今日の美味しい一枚:ナメタ煮付けは我が家の定番

魚の煮付けって、こちらでは普段から普通によく食べる料理ですが、考えてみたら、それは新鮮な魚が安く手に入る小樽ならでは、とも言えそうです。

魚の煮付けといえば、中でもカレイはよく食卓に上ります。

ナメタ煮付け
(ナメタの煮付け)

いつもながら我が家のカレイの煮付けの味付けは、シンプルに醤油のみ。

こちらではカレイは色々と種類があるのですが、煮付けにしてよく食べるのは、マガレイ、クロガレイ、ナメタといったところでしょうか。

上の写真はナメタですが、個人的にはナメタの煮付けが特に好きで、独特の風味があるとも言われますが、それがまた何とも美味しくて、我が家の定番でもあります。

小樽の市場やスーパーに行けば、ナメタなどのカレイ類を始め、色んな鮮魚が並んでます。しかも安い。

これって、小樽にいれば当たり前のようですが、実はありがたいことですね。
ごちそうさまでした。

※これがナメタ。
ナメタ

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月13日

鍋の美味しい季節ですが、この日の主役は大揚げ!?

いや〜、もうすっかり鍋の季節ですね。
やっぱり、寒くなってくると、鍋の機会が増えてきます。

最近は、市販の鍋スープもたくさん種類があるので、鍋の楽しみも色々ですよね。

具材も肉に魚に野菜にと、スープに合わせて色々準備しますが、最近のお気に入りが油揚げ

鍋の美味しい季節

まあ、油揚げは鍋に入れる具材としてはお馴染みで、珍しいものではないですが、最近は鍋には必ず入れてます。

油揚げは、お店であれこれ買ってみているのですが、今回のは、南樽市場前にお店を構える、人気の手造り豆腐の店「土門商店」で買った大揚げです。

鍋の美味しい季節(大揚げ)

この味の染みた大揚げが本当に美味しくて、食べ応えも十分なので、この日は牡蠣や鶏肉も入れていたのですが、もう大揚げが具材の主役といっていいくらい。

これは、次の機会にも是非、食べたい美味しさでした。

(もちろん、牡蠣も美味しい!)
鍋の美味しい季節(牡蠣)


土門商店は豆腐も揚げ類もとても人気があるので、タイミングが合わないと売り切れているんですが、見つけた時は買いたいと思います。

この大揚げは、普通に焼いても美味しいということなので、そっちも試してみたいですね。

【関連記事】
※姉妹ブログの記事です
南樽市場前の手造り豆腐の店「土門商店」: 小梅太郎の「小樽日記」

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
タグ: 大揚げ

posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鍋料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月11日

今日の美味しい一枚:ハッカクの塩焼き(皮は剥き済み)

先日、市場でハッカクが、あの固い皮を剥いた状態で売っていたので買ってきて、食べる前にさっと塩をして、焼いていただきました。

ハッカクの塩焼き(皮は剥き済み)

やや小さめのサイズながら、結構安かったんですよね。

ハッカクは小樽ではお馴染みの魚で、ゴツゴツ、トゲトゲとした外観ながら、その白身は脂がのって旨味が強く、実に美味なんです。

ちなみに、今回買ってきたのは、こういう状態。

ハッカクの塩焼き前(皮は剥き済み)

よくお店では、一匹そのままか、背と腹の部分の皮をとった状態で売っているのが多いですが、最近は全部剥いた状態で売っているのも目にします。これって食べやすくていいですね。

(よく、こういう状態で売ってます)
ハッカク売り方
(今回は“今日の美味しい三枚”になってしまった…)

冬が旬といわれるハッカクは、刺身も美味しいですね。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 15:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月08日

今日の美味しい一枚:ツブとホタテとエビのオーブン焼き

我が家でよく作る料理に、ボイルしたツブを使ったバジル風味のオーブン焼きがあるのですが、今回は、バジルソースがなかったので、普通のオーブン焼きにしました。

ツブとホタテとエビのオーブン焼き

ツブとホタテとエビのオーブン焼き

今回用意した具材は、ボイルツブの他に、ホタテ(今回はボイルホタテ)とエビですね。

作り方は簡単で、耐熱皿に適当な大きさに切ったボイルツブ、ホタテ、エビを並べて、塩と粉チーズ、オリーブオイル、おろしニンニクを適当にかけて(あらかじめ混ぜ合わせておくといいですね)、かるくアルミホイルをかけます。

そうそう、今回はたまたま黒オリーブの缶詰があったので、数個入れました。

あとはオーブン(約200℃)で15分ほど加熱し、具材に火が通ったらアルミホイルを外し、更に3分ほど加熱して少し香ばしく仕上げればできあがり。

ツブ、ホタテ、エビの旨味たっぷりのダシが出て、これが美味しいんですよね。

もちろん、パスタ(ペペロンチーノ)も作りました。

ツブとホタテとエビのオーブン焼き用ペペロンチーノ
(最近は、“今日の美味しい二枚”になってます)

オーブン焼きの具材をパスタに乗せて食べてもよし、皿に残ったダシ汁にパスタを絡めてもよし。相性抜群の美味しさです。
ごちそうさまでした。

【関連記事】
※普段よく作る、バジル風味のオーブン焼きについては、こちらの記事で詳しく書いてます。
ツブとホタテのオーブン焼き(バジル風味)/〈新ねっとわーく小樽〉掲載:

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年12月06日

刺身3品盛り〜マグロ、ヒラメ、マツカワ

小樽では、新鮮な魚介類が比較的安く買うことができるので、刺身が食卓にのぼる機会も多くてありがたいかぎりです。

先日のことですが、刺身を3品、マグロ、ヒラメ、マツカワをいただきました。

刺身3品盛り

マグロは特別なものではないですが、ヒラメは小樽の地物ですね。
小樽のヒラメは安くて味も絶品です!

で、今回、ちょっと珍しい、幻の高級魚なんて呼ばれてたカレイの一種「マツカワ」の刺身があったので、買ってきました(上の写真の左上)。

最近は、お店でも時々目にするので、安くはないですが、たまにいただくことができます。

北海道庁の公式ホームページ内の「北海道お魚図鑑」に、説明があるので引用させていただきます。
一時は漁獲量が極端に少なくなり、「幻の魚」と呼ばれていましたが、人工種苗による放流数の増加に伴って漁獲量は着実に増加しています。
 味はカレイのなかでも最上といわれ、ヒラメに次ぐ高級魚といわれるマツカワは刺身、フライ、煮つけなどに調理されます。
マツカワ[松皮]

ということで、今回のマツカワの産地は分かりませんが、主にマツカワは北海道の太平洋沿岸で獲られるようで、体長はオスで50cmほどで、メスの大きいものは約80cmにもなるとか。大きな魚なんですよね。

刺身3品盛りのマツカワ

コチコチっとした歯ごたえで、旨味がしっかりしてますね。
ヒラメとマツカワを食べ比べるなんて、なんと贅沢。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 刺身いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする