2014年04月29日

肉も食ってます!/豚肉のハーブロースト

当ブログでは、タイトルの「小樽で家庭料理」を意識して、ついつい魚介類中心に料理を紹介していますが、おじさんだって、たまにはがっつりと肉も食べたくなるんです。

いや、食べてるんです!(笑)

豚肉のハーブロースト1


今回はこれ。
豚バラブロックの塊で「豚肉のハーブロースト」です。

実はこれ、以前も掲載したことがあって、肉をがっつり食べたくなった時の我が家のメニューとも言えます。

調味料につけ込んだブロック肉をオーブンで焼いて作るのですが、すいません、作り方は以前掲載したこちらの記事で。
→「たまにはガッツリと肉も食べたくなるんです/豚肉のハーブロースト

以前のは豚肩ロース肉の塊も使ってますが、こってりと脂身の欲しいときは豚バラですね(笑)

豚肉のハーブロースト


ソースはバルサミコとバターを合わせてさっと煮詰めたものです。
食べる時に、塩(岩塩がいいかな)もちょっとふってます。

豚肉のハーブローストimg


いや〜、たっぷり美味しく肉をいただきました。大満足です。
やっぱり肉も食わないと!ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 01:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 豚肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月27日

今度は焼き干しカレイが食べたくなったので、今回はナメタで

今回は、先日食べた、干しナメタの焼き魚です。

干しナメタの焼き魚img


前回の投稿に続いてカレイですが、そんなに毎日カレイを食べているわけではないですよ。好きですけどね(笑)

市場では色んな種類のカレーが並んでいて、ナメタは生で売っていることが多くて煮魚で食べることが多いのですが、この日は干しナメタが売っていたので買ってきました。

干しナメタ


で、焼き魚ですね。

干しナメタの焼き魚


ヒレの部分をカットしているのは、食べるときに食べやすいのと、魚焼きのグリルに入らないからで、ちょっと見栄えが悪いのはご勘弁です(汗)

干しナメタの焼き魚1


ナメタはカレイの中でも、独特の風味があるんですが、それがまた美味しいんです。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 01:03 | Comment(6) | TrackBack(0) | カレイ(鰈) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月24日

カレイの煮付けが食べたくなったので、今回はマガレイで

マガレイの煮付けimg


こちらはカレイといっても色々と種類があって、市場ではいつも色んなカレイが並んでるんですよね。

ナメタ、宗八、クロガシラ、マガレイ、砂ガレイ、赤ガレイ、イシガレイなどなど、見分けがつかないのも結構あります(汗)

マガレイ


今回はカレイの煮付けが食べたかったのですが、手頃な大きさのマガレイが市場で売っていたので買ってきました!

マガレイ(水洗い後)


カレイはいつも値段も手頃で売っていて、庶民の食卓にはお馴染みですね。

我が家の煮付けは、このブログでも時々出てきますが、基本的に味付けは醤油のみのシンプルなものです。

まあ、素材が新鮮で美味しいですからね。

マガレイの煮付け中


カレイの場合は、幅広で大きいので、フライパンで煮付けるのがいいですね。

マガレイの煮付け(落とし蓋)


落とし蓋をして煮付けますが、醤油の量とか煮時間とかは、はっきり言ってうちの奥さんの感覚です(汗)

今回のマガレイは、そこそこの大きさだったので、身もしっかりしていて、食べ応えもあって美味しくいただきました。

マガレイの煮付け


食べたかったからなおさらですね。ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | カレイ(鰈) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月22日

ねっとり感のある甘さがやっぱり旨い、甘エビの刺身

道産の甘エビがお店にたくさん並んでいたので、早速買ってきて、刺身でいただきました。

甘エビ


昨年も全く同じ時期に甘エビの話題をブログに掲載しているので、春になると生の道産甘エビがお店に並びだすのかな。

今回は、道産ですが場所は…忘れました(汗)

普段は甘エビと呼んでますが、正式名称はホッコクアカエビと言うそうです。
あと、南蛮エビと呼ばれることも多いですね。

甘エビimg


新鮮でプリッとはしてますが、その後にくる、ねっとり感もある甘さはやっぱり甘エビならではですよね。

贅沢に数本まとめて食べちゃうのが美味しいです(笑)

頭はみそ汁に入れると、いい味出しますね。

甘エビ頭のみそ汁


ごちそうさまでした。

【関連記事】昨年の記事はこちら。
旨味と甘みが美味しい、甘エビの刺身

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | エビ(海老) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月19日

バジル風味のジャガイモとエビとベーコンのパスタ

たまに作る、ジャガイモを使ったジェノベーゼパスタ。

で、久しぶりにそのジェノベーゼソースでパスタを作ろうと思ったのですが、バジルソースがちょっとしかない…
具材の材料はジャガイモの他、エビとベーコン。

どうしてもバジル風味が効いたパスタが食べたかったので、今回は具材だけをバジルソースで和えることにしました。

あえて言えば、「バジル風味のジャガイモとエビとベーコンのパスタ」でしょうか。

バジル風味のジャガイモとエビとベーコンのパスタimg



ちょっとのバジルソースにオリーブオイルとすりおろしニンニクとパルメザンチーズをあらかじめ混ぜておきます。
そこに、ボイルしたエビとレンジでチンしたジャガイモを適当な大きさに切って入れ、和えて具材の出来上がり。

パスタはあらかじめベーコンを炒めたフライパンで、ペペロンチーノ味で仕上げました。

あとは皿に盛ったパスタに、バジル風味の効いたジャガイモとエビの具材ののせていただきます。

バジル風味のジャガイモとエビとベーコンのパスタ


う〜ん。バジルのいい香りで、ホクホクのジャガイモ、ぷりぷりのエビが美味しいですね。
ごちそうさまでした。


【関連料理】
エビとジャガイモとアボカドのジェノベーゼパスタ: 小樽で家庭料理
今日の美味しい一枚:エビとジャガイモのジェノベーゼパスタ: 小樽で家庭料理

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パスタ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月15日

山かけ用マグロといっても何たって本マグロですから刺身で!

先日、南樽市場の魚屋さんで、「美味しい山かけ用のマグロがあるよっ!」って声をかけられたんです。

ふとそのマグロに目をやると、結構大きめの、サクをとった残りのような部分がゴロッと4切れパックされていて、お値段が500円。

ん?見た感じは美味しそうだけど、山かけ用にしてはちょっと高いかな?

と思ったのですが、その横の札に目をやると、なんと「本マグロ」の文字が!!

即買いです(笑)

どう見ても、大きさがサクをとった切れ端のようで、それが固まりで残ったので、山かけ用として売ってたみたいなんです。

魚屋さんも、「もちろん、刺身でも抜群に旨いよ〜!」と言っていたので、もちろん、

本マグロの刺身


刺身でいただきました!

脂の乗り具合と言い、きめの細かさといい、もう間違いなく抜群の美味しさでした。

やっぱり、マグロは美味しいですね。
しかもそれが本マグロとなれば!(笑)

本マグロの刺身img


だから市場は楽しいです。またあったら買います!
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:55 | Comment(5) | TrackBack(0) | マグロ(鮪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月13日

イカとワカメとネギの酢みそ添え〜今回はワカメが主役

美味しいワカメをいただいたので、「イカとワカメとネギの酢みそ添え」を作りました。

イカとワカメとネギの酢みそ添img


今回は和えないで、酢みそを添えてみました。
早くに和えると、水が出てくるんですよね。
って、まあ、食べる時に結局、和えるんですけどね(笑)

ネギ、ワカメ、イカの順番にそれぞれにサッと湯通しして、ザルにとってしっかり水切りをしておいてから、器に盛ってます。
(湯通しの順番は、お湯が濁らないようにするためです)

イカとワカメとネギの酢みそ添前


我が家の酢みそは基本的に、
白味噌:砂糖:酢=大さじ2:2:1.5
の割合ですが、酸っぱいのが好きなので、若干酢を多めにしてます。

イカとワカメとネギの酢みそ添


いただいたワカメが、柔らかいけど歯ごたえもしっかりあって、ワカメにしては肉厚で、実に美味しかったです。

今回は主役はイカではなくて、ワカメでした(ワカメだけおかわりしました)。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | イカ(烏賊) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月10日

ご飯にのせると抜群!「山わさび醤油漬」(百留屋サービスストアー)

山わさび醤油漬img


家庭料理でなければ、小樽のものでもないのですが、お土産でいただいて、無茶苦茶美味しかったので紹介しちゃいます。

百留屋サービスストアーの自家製「山わさび醤油漬」です。

山わさび醤油漬


北見市の「(有)百留屋(ひゃくとめや)サービスストアー」というお店が気になって、ちょっとネットで調べてみたら、地域のスーパーで、「山わさび醤油漬」は同店のオリジナルの手作り商品のうちの一つで、人気の商品なんですね。

※こちらのサイトを参考にさせていただきました。
山わさび醤油漬(北海道のおみやげ。いいもの紹介サイト)

山わさび醤油漬img2


ちなみに北海道でお馴染みの山わさびは、北海道での呼び方でしょうかね。
西洋わさびやホースラディッシュと呼ぶほうが一般的ですよね。

つんとした辛みがあって、擂り下ろしたものをローストビーフやステーキに添えて食べたりするようですが、正直私はあまり馴染みがなく、数えるほどしか食べたことがありませんでした。
もちろん、醤油漬けとなると、なおさらです。

ただ、この醤油漬けはどう見ても、熱々の炊きたてご飯に乗せて食べたら、美味しそうですよね。

山わさび醤油漬img


ちょっとピリッとしてツーンと辛くて、そしていい風味。
いや〜、ご飯が止まりませんね。これは抜群の美味しさです。

ちなみに、肉や魚、野菜や豆腐など、調味料として何に付けも美味しかったですよ。
(けど、ご飯にのせるのが一番かな)

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭料理ではないですが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月07日

チカの南蛮漬け〜大きめのチカを強めに揚げました

ちょっと大きめのチカを買ってきて、南蛮漬けでいただきました。

チカの南蛮漬け


チカは小さいものですとワカサギに似ているのですが、大きいものは20cmくらいまで成長するそうで、今回のも結構大きかったです。

ちなみに、ワカサギは湖や海でも生息していますが、チカは淡水に入ることはない、ずっと海の魚ということです。
(参考:北海道庁の公式ホームページ内の「北海道お魚図鑑」のチカのページ)

普段はチカは丸ごと天ぷらやフライでいただくことが多いのですが、今回は大きいということもあって、頭と内蔵をとって、南蛮漬けにしたんですよね。

チカの南蛮漬け1


すいません作り方はよくあるので、今回は省略してます(^-^;

大きいチカはちょっと強めに揚げて、さくっと香ばしいくらいが、骨まで美味しくいただけますね。

チカの南蛮漬けimg


甘酸っぱい汁にたっぷりつけて、野菜と一緒にさっぱりパクパクっと美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。


【関連記事】
小ぶりの「チカ」で美味しい天ぷら
ワカサギの天ぷらからそのまま南蛮漬けへ

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | チカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月04日

小樽では馴染みが薄いですが、真鯛のアラとごぼうで「鯛のアラ炊き」

いや〜、魚のアラを見つけると、ついつい手が出てしまうんですよね(汗)

で、今回は、真鯛のアラを見つけて、「鯛のアラ炊き」を作りました。

鯛のアラ炊き


って、実は、真鯛といえば日本全国でとても馴染みのある魚ですが、こちら北海道ではそうでもないんです。
そもそもこの辺りでは獲れないんですよね。

なので、小樽では真鯛が市場に並ぶことがないので、買うときはスーパーです。
スーパーで鯛の刺身が並んでいたら、近くにきっとアラがあるはずです(笑)

鯛のアラ炊きは、以前から時々作っているのですが、作り方はその昔、東京のスーパーに置いてあったレシピを参考にしていて、我が家では珍しく、しっかりとした甘辛い味付けに仕上げます。

というか、この料理はそういうものですよね。

それでは、いつものように、ざっくりと作り方を書いておきます。

【材 料】
真鯛のアラ:1尾分
ごぼう:適当(笑)
※調味料の量は、アラの大きさで変わってくるんですよね。そこらへんは臨機応変に(汗)
水: 1カップ、みりん:1/2カップ、酒:1/2カップ、砂糖:大さじ3
醤油は2回に分けて入れてます:1回目 1/3カップ、2回目 大さじ1

【作り方】
1.鯛はウロコをとって、適当な大きさに切っておく。
2.熱湯に切った鯛をくぐらせ、水に取り、血合いや残ったウロコなどを綺麗に取り除く。
3.ごぼうは5〜6cmの長さに切りそろえ(太いものは縦にも切る)、水に漬けてアクを抜く。
4.鍋に水、みりん、酒を入れ、ごぼうも入れて火にかける。
5.沸騰したところへ鯛を入れ、ひと煮たちしたら砂糖を加えて、落とし蓋をして5分程煮る。
6.1回目の醤油1/3カップ入れ、落とし蓋をして、煮汁が1/3の量になるまで煮る(約15分)。
7.さらに2回目の醤油大さじ1を加えて火を強め、魚に煮汁をかけながら照りをだし、器に盛ってできあがりです。
木の芽なんかがあれば、完璧ですが、もちろん、今回はありませんでした(^^;;

鯛のアラ炊き1


ホロッとした鯛の身に味もしっかり染みていて、やっぱり美味しいですね。
結構、脂も乗っているんですよね。

ごぼうがまたいい味出してます。
ごちそうさまでした。

ところで、あら煮とあら炊きの違いは何だろう…

【鯛の関連記事】
今日の美味しい一枚:梅干しで作る鯛の簡単カルパッチョ

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | タイ(鯛) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする