2014年02月26日

やっぱりホッケの開きが食べたくなるんです

ホッケの開き


北海道で定番の魚と言えば、このホッケの開きも入りますよね。

身が厚くて、脂がのって、焼きたてでじゅわ〜ってなっているところに、醤油をちょろっとたらしていただくと、本当に美味しいです。


と言ってますが、実は我が家は、ホッケはそんなに頻繁には食べてないんです(汗)

何故って、実はホッケはこちらでもそんなに安くはないんです。

大きくて身の厚い立派なものもたくさん売っているのですが、そうなると晩ご飯で気軽に食べるには結構な金額で、ちょっと手が出ないのが庶民の正直なところ。

今回買ってきたのは、いい感じの厚みで中くらいの大きさのもので、これで400円です。

ホッケの開き


それともう一つ、今回の普通のサイズのホッケでも、レンジのグリルに入りきりません(笑)
今回も、焼くのに尾びれを切ってます。

それに大きいので、一枚ずつしか焼けないので、家族で複数枚焼くと、最初のが冷めてしまうんですよね。

ホッケの開き1


でも、やっぱり美味しいので、食べたくなるんですよね、ホッケ!
ごちそうさまでした。


そうそう、最近のニュースでもありましたが、実はホッケは漁獲量が過剰で、資源量が減少しているそうです。
(参考:魚、4割で資源ピンチ マアジ・ホッケ…漁獲量が過剰 :日本経済新聞

実際、既にホッケはそんなに安い魚ではないですが、やっぱり定番中の定番ですからね。
これが食卓に上りにくくなるというのは、ちょっと寂しい話ですから、少しの我慢が必要かもしれませんね。
タグ:ホッケ 開き

posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | ホッケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする