2013年06月28日

今日の美味しい一枚:旨味凝縮、北海シマエビをいただきました

ご近所さんから、今年も北海シマエビをいただきました。
内緒なんですが、毎年楽しみにしてるんです。

北海シマエビ


北海道東部が主な産地で、野付湾産が有名な北海シマエビは、小樽ではあまり食べる機会がないんです。

鮮度が落ちやすく、ほとんどが水揚げ後すぐに塩茹でされるとのことですが、これが旨味が凝縮していて、実に美味しいんです(*^-^)
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月26日

小樽の家庭だってたこ焼きは作るんです

小樽人だって、たこ焼きは時々食べたくなるんです!

って、前回のお好み焼きの記事の流れそのままです(笑)

たこ焼き3



ホットプレートに付いている、たこ焼き用のプレートで作ってます。

たこ焼き1


手軽にできるので、ひょっとしたら、先日のお好み焼きより家庭で作っている方は多いかもしれないですね(あっ、北海道での話ですがね)

どうも上手くひっくり返せないんですが、それも含めて、たこ焼き作りは楽しいです。

たこ焼き2


それに、家庭で作るのなら、好みの具材を入れたりもできますしね。

たこ焼き


今回は普通にタコを入れた以外に、先日いただいたベビーホタテ入りや、

たこ焼き(ホタテ入り)


明太子チーズ入り、なんかを作ってみましたよ。

たこ焼き(明太子チーズ)


こうなると、もう、たこ焼きとは呼ばないですね(笑)

熱々をフーフー言いながら食べるのが、何とも美味しいんですよね。

他にも、だし汁を用意して、明石焼き風(?)でいただいたりして。

たこ焼き(だし汁)


おっ、こちらはノーマルのタコ入りですね。

たこ焼き(だし汁)1


いや〜、ビールを飲みながら、これで晩ご飯が終わってしまいました(笑)
ごちそうさまでした。


【関連記事】
前回のお好み焼きの記事はこちら。
→「小樽の家庭だってお好み焼きは作るんです
先日いただいた、ベビーホタテの記事はこちら。
→「ホタテの稚貝をごっそりいただきました。さて何に使おうか

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
タグ:たこ焼き

posted by 小梅太郎&花子 at 12:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月24日

小樽の家庭だってお好み焼きは作るんです

小樽人だって、お好み焼きは時々食べたくなるんです(笑)

お好み焼き


小樽にも何件かお好み焼き屋さんはあるのですが、結局、自宅でホットプレートで作ってます。

お好み焼き1


実は、結構昔からお好み焼きの作り方は色々と試行錯誤したんですよ。
って、大層な方法ではないので、作り方は省略しますね(^-^;

お好み焼き2


ちなみに中にはイカとエビがたっぷり入ってます(*^-^)

お好み焼き3


やっぱりお好み焼きは美味しい!

ホットプレートで作るので、この日は途中で焼きそばを挟みました。

焼きそば


他にも、海鮮焼きやホルモン焼きを一緒に食べる事もあるんですよ。

ちょっと楽しい、大満足の食卓ですね。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
タグ:お好み焼き

posted by 小梅太郎&花子 at 12:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月22日

ホタテの稚貝をごっそりいただきました。さて何に使おうか

ホタテの稚貝をごっそりいただきました。

ホタテの稚貝


ホタテの稚貝は市場やスーパーで普通に売っていて、よく汁物等に使いますが、今回いただいたものは、稚貝として売っているものより一回り大きいです。

貝の表面をゴシゴシと綺麗に洗って、貝の口が開くまでボイルして、普段はこのまま味噌汁を作るのですが、今回は量が多いので、冷まして貝から身を外して、冷凍保存することに。

ホタテの稚貝のボイル


食べるときにちょっとウロが気になるので、調理する前や食べる前にとったほうがいいかもしれないですね。

貝柱の大きさを見ると、お店に並ぶベビーホタテといった感じですね。

って、ん?
ホタテの稚貝とベビーホタテの違いって何だろう?(分からない…笑)

ちなみに、今回は貝の煮汁は別に料理に使う予定で、製氷器に入れて凍らせておきました。
(ここで失敗。煮汁はある程度煮詰めたほうがよかったです。量が多過ぎました…)

さて、このたくさんのベビーホタテ、まずは味噌汁でいただきましたが、他に何の料理に使いますかね(*^-^)

ホタテの稚貝の味噌汁


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 11:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | ホタテ(帆立) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月19日

たまにはガッツリと肉も食べたくなるんです/豚肉のハーブロースト

このブログでは小樽という土地柄、魚介類の料理が登場する事が多いのですが、たまにはガッツリと肉も食べたくなるんです。

ということで、今回は豚肩ロース肉の塊を買ってきて作りました。

豚肉のハーブロースト

豚肉のハーブロースト


なかなか豪快で、肉も柔らかく美味しくて、ボリューム満点の食べ応えなんです。

随分と昔に何かのテレビで見て、それを我が家流にアレンジしてます。
それでは、いつものように、ざっくりと作り方を。


【材 料】(3人分)

豚肩ロース肉(ブロック) 400〜500g

※豚肉漬け込み調味料
 ニンニク(スライス) 1片分
 オリーブ油      60cc
 白ワイン       大さじ2
 ローズマリー(乾燥) 小さじ1
 バジル(乾燥)    小さじ1
 ローレル       1枚
 ブラックペッパー   少々

※岩塩 適量
 バルサミコソース:バルサミコとバターを合わせさっと煮詰めたもの

実は今回は、なんと豚バラ肉(ブロック)も追加して、ブロック2個で調理しました(なので調味料も2倍です)。


【作り方】

(1)豚肉のブロックを漬け込み調味料に漬け込む。(数時間〜一晩)

豚肉のハーブロースト1


(2)肉は焼く直前に塩・ブラックペッパーをして、漬け込み調味料の香草をのせ、220℃のオーブンで30分くらい焼く(大きさによって、火が通るように加熱時間を調節してます)。

豚肉のハーブロースト2


豚肉のハーブロースト3


(3)焼きあがった肉は少し休ませてから,薄く切り分ける。

豚肉のハーブロースト5


食べるときに、岩塩やバルサミコソースをつけていただきます。

豚肉のハーブロースト6


豚バラ肉を使うと、脂身のこってり感を楽しめて、さらにボリュームアップしますね。
食卓が豪華になる、大満足の料理です。

ちょっと気分を出して、ワインなんぞを飲みながらいただくといいかもしれません。
ごちそうさまでした。

豚肉のハーブロースト4


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | 豚肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月17日

今日の美味しい一枚:牛カルビ丼〜旬のアスパラ添えに温玉のせ

市場の肉屋さんが味付けした、牛カルビ丼用の肉を買ってきました。
せっかくなので、さらに美味しくいただけるようにと、旬のアスパラを炒めて添えて、温玉ものせちゃいました。

牛カルビ丼


ちょっと甘めのタレがご飯が進むんですよね。
この時期のアスパラも美味しいです。

せっかくなので、温玉を崩したところをもう1枚。

牛カルビ丼温玉のせ


たまりませんね(笑)
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月14日

餅を使った料理のレパートリーに「餅ピザ」

何故かこの時期に切り餅が手に入って、どうしようかと思い、以前テレビで見た「餅ピザ」を作ってみました。

餅ピザ


実は結構、よく作られている料理なんですね、この餅ピザって。

あちこちにレシピがあるようですが、それを我が家なりに作ってみましたよ。

それでは、いつものようにざっくりとですが、今回の作り方です。


【材 料】ほんとうに適当です
切り餅 5個
ケチャップ/好みの具材/ピザ用チーズ…み〜んな適量(笑)


【作り方】

1.切り餅は厚さを半分にスライスしておく。

餅ピザ1


2.フライパンにオリーブオイルをひいて、餅を平らに並べ、水大さじ3ほどをふりかけ、蓋をして中火で柔らかくなるまで蒸し焼きする。
これで餅同士がくっついて、生地っぽくなります。

餅ピザ2


3.餅が柔らかくなったら、蓋をとり水分を飛ばしながら、両面をしっかりと焼く。

4.後はケチャップを塗り、好きな具材にチーズをのせ、蓋をして焼く。

餅ピザ3


5.チーズが溶けたら、蓋をとり、底がカリッとなるまで焼いて出来上がり。

餅ピザ4


これが結構いけるんですよ!

餅ピザ5


チーズがトロ〜っと溶けて、餅とよく合うんですよね。
底面のカリカリもまたいいんです。

餅ピザ6


次に餅を買った時には、是非、この餅ピザもまた作りたいと思います。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
タグ: 餅ピザ

posted by 小梅太郎&花子 at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月12日

旬のタケノコ(細竹)で色々料理〜こちらでタケノコといえば細竹です

その日の朝、山菜採りで採ってきたばかりの、この時期だけの旬の「タケノコ(細竹)」をいただきました。

タケノコ(細竹)


こちでタケノコといえば、ほぼこの細竹をさします。
正式にはネマガリダケというのかな?このあたりは孟宗竹はないんですよね。

タケノコ(細竹)1


我が家では、タケノコをいただいたら、皮を剥いてすぐに茹でて処理するのですが、何本かは皮付きのまま残しておきます。

そうです、こういう新鮮、採りたてタケノコをいただいときは、まずは皮付きで焼きタケノコです!

焼きタケノコ(細竹)


タケノコの皮は、根元から先端に向かってそぎ切りにしておくと、食べるときに剥きやすいです。

皮を剥くと、熱々でホクホクのタケノコが顔を出します。

焼きタケノコ(細竹)1


なんか贅沢ですよね。
マヨネーズなんかを付けて食べると美味しいですね。

細竹はアクはあまりないので、そのまま調理しても、さほどエグ味はないです。
ただ、いい気になって食べ過ぎると、口の中がイガイガになるので、そこそこにしておきましょう(笑)


一方、茹でたタケノコはそのまま冷まし、調理に使う分は取り出して水にさらしておき、長期保存する場合はいつもその茹で汁と一緒に密閉容器に大量の塩で塩漬けにしておいてます。


ということで、今回は茹でタケノコでこんな料理をいただきましたよ。

まずは、タケノコの天ぷら
塩でサクサクといただきました。生のタケノコを使っても美味しかったです。
タケノコ(細竹)の天ぷら




タケノコの煮物
これも定番でしょうかね。優しい味わいです。
タケノコ(細竹)の煮物



タケノコご飯
タケノコ(細竹)ご飯


タケノコご飯と一緒にタケノコの味噌汁も。
タケノコ(細竹)の味噌汁


旬のタケノコづくしで、どれも美味しくいただきました。
実はこの細竹はこの時期お店にも並ぶのですが、結構高価なんです。
ありがたいことです。

ごちそうさまでした。


【関連記事】
こちらでタケノコといえばこの細竹【細竹の下処理】
こちらでタケノコといえばこの細竹【焼きタケノコ】

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 12:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 山菜(フキ、キノコ、細竹 等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月09日

大ぶりの春シャコを堪能

市場で大ぶりの春シャコ(オス)を買ってきましたよ。

春シャコ


小樽は北海道を代表するシャコの産地です。

シャコ漁は春と秋の年2回行われているのですが、確か、今年(2013年度)の春シャコ漁は6月20日くらいまでだったので、そろそろ終盤です。

そういえば今年の春シャコ漁は前半は不振が続いていたそうです。
海底の砂の中にいるシャコは、海が荒れると巣穴から出てきて網にかかりやすくなるそうですが、前半は海が穏やかだったそうですよ。

で、その後の漁の様子までは分からないのですが、先日、市場にたくさん並んでいるのを見て慌てて買ってきたわけです。

シャコは漁の後、浜ですぐに塩ゆでされ、それが市場に並ぶので、買って帰ってきたら殻を剥けば刺身で食べられます。

春シャコ1


但し、この殻を剥くのが結構大変だったりもするんですよね。

※シャコの殻の剥き方は過去記事に書いてます。我が家流ですがよければどうぞ。
→「シャコ(蝦蛄)の剥き方

グロテスクな見た目が苦手な方も多いようですが、実に美味なんです。
あれ?一匹だけメスが混ざってた(笑)

春シャコ3


身もプリプリっとしていて、旨味も濃いんですよね。

春シャコ2


今年も旬のシャコを堪能できました。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャコ(蝦蛄) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月07日

今年もいただいた旬のフキをきんぴらや煮物で

毎年この時期になると、ご近所さんから山菜採りで採ってきた、旬のフキをいただきます。
何ともありがたいことです。

フキ


今年もいただいたので、早速、我が家のフキの定番料理でいただきました。

まずは、フキのきんぴら

フキのきんぴら


我が家では、まずはこのきんぴらを作ります。
結構、パクパクっと食べてしまうんですよね。

豚肉を入れて、炒めても美味しいですよね。

そして、これもお馴染み、フキの煮物

フキの煮物


これは何とも優しい味です。
昆布やカマボコがいい味を出すんです。

あとは、ちょっと箸休め的に、フキの味噌漬け。

フキの味噌漬け


お酒でのばした味噌に漬けて、冷蔵庫で一晩置いただけなんですが、漬け物的に箸がのびます。
(食べるときに味噌は洗い流します)

という感じで、今年も旬のフキを美味しくいただくことができました。
ごちそうさまでした。

【昨年のフキの記事です】
フキもいただきました

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 14:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 山菜(フキ、キノコ、細竹 等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする