2013年03月31日

大きなナメコとワカサギの天ぷら

久しぶりに天ぷらをいただきました。

大きなナメコとワカサギの天ぷら

大きなナメコとワカサギの天ぷら1



そもそも、久しぶりに、ワカサギの天ぷらが食べたくなったので、市場でワカサギを買ってきたんです。

ワカサギ


そして、スーパーでこんなナメコを目にしたので一緒に買ってきました。

カットなめこ


大きな「カットなめこ」なるものです。

カットなめこ1


このナメコは、洗わずにそのまま使えるとのことです。

カットなめこ2


ほとんどぬめりはないですね。


元々、パッケージにはおすすめとして天ぷら・炒め物・鍋と記載されていたので、今回はワカサギと一緒に天ぷらです。

大きなナメコとワカサギの天ぷら


塩でいただきました。

大きなナメコの天ぷら


ナメコの天ぷらは、サクサクといい歯触りで、ナメコの良い香りが鼻に抜けて、これはなかなかいけますね。

元々食べたかったワカサギの天ぷらも、

ワカサギの天ぷら


もちろん美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜(フキ、キノコ、細竹 等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月29日

パスタソース「完熟トマト&3種のチーズ」を使ってみました

何だか最近、スープ等のレトルト食品の商品紹介ブログみたくなってますが、さすがに毎日新鮮な魚介類を食べているわけではなく、こういう日もあるのはご勘弁を。

で、今回はこちらのパスタソースを使ってみました。

デルモンテ RISTORANTE ROSSO 完熟トマト&3種のチーズ

完熟トマト&3種のチーズ


紙容器入りのパスタソースですね(1パック3〜4人前)。

キッコーマンの「ニュースリリース」からの引用です(デルモンテって、キッコーマンのブランドなんですね)。
「完熟トマト&3種のチーズ」は、真っ赤に完熟したイタリア産トマトをベースに、リコッタ、グラナ・パダーノ、ペコリーノ・ロマーノの3種のチーズを贅沢に加えました。チーズのコクとうまみがトマトソースに溶け込んだ濃厚な味わいです。お好みでベーコンやほうれん草を加えてもおいしく召し上がれます。
とのことで、言われるがままにベーコンとホウレン草を加えていただきました。

パスタ「完熟トマト&3種のチーズ」1


作り方は、ベーコンとホウレン草を炒めて、ソースを加えて温めて、ゆでたパスタと和えるだけ。簡単です。

ひと口、口に入れると、かなりチーズが効いてます。
効き過ぎていて、ちょっと粉っぽく感じるくらいで、塩気も強いですね。

結構強烈にチーズが効いているので、これは苦手な方は多いかもしれませんね。
さらに、トマトの酸味も結構なものです。

けど、何だか濃厚なチーズの味が後を引いて、その味に慣れたのか(笑)気がついたら、ペロっと食べてしまいました(^-^;

パスタ「完熟トマト&3種のチーズ」


思ったのですが、これはちょっとの量をワインと一緒にいただくといいかもしれないですね。
(って、ワインはよく分かりませんが(^-^; )
ごちそうさまでした。


▼「完熟トマト&3種のチーズ」で調べる。
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | パスタ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月27日

今日の美味しい一枚:刺身三点盛りの中心はホッキです

刺身です。マグロ/サーモン/ホッキの三点盛りです。

個人的な好みでいうと、この三点盛りの中心はホッキですね。

刺身三点盛り


マグロやサーモンは輸入物ですが、ホッキはほとんどが道内産で、時期になると小樽産も店に並びます。

我が家のホッキの刺身は、必ずさっと赤みがでる程度に湯通しします。
これが甘みが増して、美味しいんです。
ごちそうさまでした。


【関連記事】ホッキについては、こんな記事も書いてます。
殻付きホッキ焼き
ホッキの捌き方と刺身の準備

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月25日

年中食べたい、我が家で「もつ鍋」

以前も書きましたが、小樽は肉屋でモツ類が普通に売っているんです。
我が家も南樽市場や入船市場でよく買ってきます。

そして、お気に入りはやっぱり「もつ鍋」。

もつ鍋


今回は、市場でホルモン、ガツ、ハツをそれぞれ買ってきました。

もつ鍋2


そこで問題がもつ鍋のスープ。
冬の間は市販のもつ鍋用スープがあちこちで売っているのですが、寒い冬の鍋の時期が終わると、市販のスープがお店から姿を消してしまうんです。

どうも最近、便利なので市販のスープをすぐに使ってしまうんですが、レシピはいっぱいあるようですから自家製スープも作らないとだめですね。

個人的には、もつ鍋に限っては、年中食べたいですから。

ちなみに、今回ももつ鍋用スープがお店で売り切れていて、家にあったよく分からない「ちゃんこ鍋用スープ」があったので、これを使って味を整えながら、スープに使いました(笑)

もつ鍋1


その今回の適当に作ったスープは奇跡的に抜群の美味しさでした(笑)

もつ鍋3


そして、〆はやっぱり本場のようにチャンポン麺を入れたいのですが、こちらでは生のチャンポン麺が売ってなくて、以前はラーメンやうどんで代用していました。
ただ、最近はインスタントのチャンポンが色々あるので、その麺を使ってます。

もつ鍋〆のチャンポン


これでも、十分美味しいです。

小樽は本当にモツ類が簡単に手に入るので、もつ鍋やホルモン焼きなどが手軽に美味しく食べられて嬉しい限りです。
ごちそうさまでした。

【関連記事】
・こんな記事も書いてます。
我が家で「もつ鍋」
・姉妹ブログの『小梅太郎の「小樽日記」』ではこんな記事も書いてます。
小樽ホルモン焼き事情〈前編〉
小樽ホルモン焼き事情〈後編〉

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
タグ:もつ鍋

posted by 小梅太郎&花子 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホルモン(モツ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月24日

今日の美味しい一枚:ハマチのカマの塩焼き

ハマチのカマが手に入りましたので、これですね。

ハマチのカマの塩焼き

ハマチのカマの塩焼き


焼く前に、しっかりめに塩をして、グリルでじっくり焼きました。

脂がしっかりのっていて、実がホロホロホクホクっとしていて実に美味しい!
たまりませんね。

ということで、“今日の美味しいもう一枚”です(*^-^)

ハマチのカマの塩焼き1


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月22日

宗八(カレイ)の干物

カレイはとても身近で、食卓にもよくのぼる魚ですが、種類が色々あるんですよね。

詳しくはないのですが、ざっと思い浮かべるだけでも、「なめた」「宗八」「真ガレイ」「クロガシラ」「赤ガレイ」「砂ガレイ」等々。

今回は、中でもよくお店に並んでいる「宗八」の干物です。

宗八(カレイ)の干物1


今回の干物は小ぶりなので、ご飯のおかずとしては、ちょっと物足りなく食べるのも手間かもしれませんが、これが酒の肴となれば話は別です。

宗八(カレイ)の干物3


宗八の干物を焼くと、ちょっと強めの風味が漂いますが、それがまたいいんですよね。

宗八(カレイ)の干物4


小さめなので、むしって食べる感じで、これがまたつまみっぽいですね(笑)

煮付けやから揚げにする事もあるようですが、我が家では干物を買ってくる事がほとんどです。


北海道庁の公式ホームページ内に「北海道お魚図鑑」というページがあり、そこの「魚の名前検索」を見ると、宗八についての詳細が載っていたので引用させていただきます。

ソウハチ[宗八]
体はひし形に近い長楕円形で、頭の上部にある左目は目がない方の体側からも見ることができます。
とはいっても、ぱっと見ても分からないんですけどね(汗)

宗八(カレイ)の干物2

かつてはカレイ類のなかで最も多く漁獲されていましたが、近年は資源量が減少しているため、体長15cm未満のソウハチの漁獲は禁止されています。
 肉には独特のにおいがあるため、干物や燻製などに加工されて食べられることが多く、特に干したものを焼いて食べる「焼き宗八」は北海道の居酒屋の定番メニューとして親しまれています。
ということで、宗八の干物を美味しくいただきました。
ごちそうまさでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | カレイ(鰈) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月20日

市販の鍋スープ「〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆ」を使って鍋

こちら北海道は、3月といってもまだまだ寒いのですが、気温が上がったり下がったり、晴れたり、また雪が降ったりを繰り返しながらも、一歩ずつ春に近づいているようです。

で、食卓の方はというと、この冬の寒いうちにとばかりに、鍋の回数が増えている感じです(笑)

ということで、今回は、ちょっと前のテレビ番組で人気があると紹介されていた、市販の鍋スープを使って鍋をしました。

とんこつしょうゆ鍋


使った鍋スープはこちら、ミツカンの「〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆストレート」です。

〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆ


以前もちょっと触れましたが、最近は本当に色々な種類の鍋用スープがあって、選ぶのに迷うくらいですが、どれも本格的で美味しいので、使わない手はないですよね。

ミツカンのサイトの商品説明によると、
豚骨・鶏ガラ・野菜をじっくり煮込んだ、濃厚なコクのとんこつしょうゆ鍋つゆで、締めにはラーメンがおすすめです。
とのことで、最初から、〆はラーメンとうたっていて、気にはなっていたんですよね。

鍋なので、具材はお好みでいいとは思うのですが、初めて使う時は、結構、パッケージの裏に書いてある材料なんかを参考にしてます。
で、野菜のメインはキャベツと記載されていたので、キャベツを使いましたよ。

とんこつしょうゆ鍋1


そのキャベツの甘みが何とも美味しくて、あいますね。
そういえば、キャベツで鍋といえばもつ鍋を思い出しますね。

とんこつしょうゆ鍋3


スープの味は確かにかなりしっかりしていて、濃い味ですね。

う〜ん、ただ、どちらかというとあっさり味好みの私にはちょっと濃厚すぎて、たくさんは食べられないかな(汗)
どちらかというと、若い人向けかも。

しかし、なるほど、その濃厚なコクのおかげで、〆のラーメンのなんて美味しいことか(笑)
人気があるのが分かります。

とんこつしょうゆ鍋4


〆のラーメンですが、インスタントラーメンを直接入れたので、つゆが煮詰まらないように要注意ですね(お湯を足したりして)。

こういう濃厚なズープは家庭では作れないので、たまにはいいですね。
ごちそうさまでした。


▼「とんこつしょうゆ鍋つゆ」を調べる。


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月18日

野付産の特大殻付きホタテ焼きをいただきました

野付産殻付きホタテをいただきました。

殻付きホタテ焼き


実はこのブログでよく登場する、野付産の大きな殻付きホタテは、ご近所さんが産地から送ってきたものを分けてくださるんです。

なんてありがたいことか!

道東の野付産のホタテは大粒で有名なんですよね。

野付産殻付きホタテ1


それにしても、今回いただいたのは、特大ですね。
大きすぎて、レンジのグリルにこんな状態です。

野付産殻付きホタテ2


って、今回は焼くのはグリルは使わず、レンジの上で網を使って焼くのと、オーブントースターで焼くのと、2カ所同時で焼いたんですけどね。

ちなみに、我が家では、大きな殻付きのホタテが手に入った時は、だいたい焼いていただきます。
刺身もいいのですが、ホタテ焼きをガブッと食べるのって、なかなかできないですからね。

野付産殻付きホタテ3


処理方法などは、以前のこちらの記事で詳しく紹介してますので、よければどうぞ。
殻付きホタテ焼き

野付産殻付きホタテ4


我が家は一旦殻から外して、身を処理し、それを殻に戻して焼いてます。
ちなみに、三日月型の卵(生殖巣)は、白っぽいのがオス(精巣)で、オレンジ色っぽいのがメス(卵巣)だそうですよ。

さあ、焼き上がりです。

殻付きホタテ焼き1


そして、ガブッといただきました!

殻付きホタテ焼き2


間違いない美味しさですね。
殻にたまったホタテの汁も実にいい味が出てるんですよね。

う〜ん、幸せ。ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 20:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | ホタテ(帆立) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月17日

白菜と豚バラの重ね鍋

北海道の3月はまだまだ雪が残っていて、少しずつ春が近づいているとは言え、寒い日も続きます。
なので、まだまだ鍋料理は大活躍です(*^-^)

ということで、今回はちょっと前にはCMでもやっていた、

白菜と豚バラの重ね鍋

白菜と豚バラの重ね鍋3


白菜と豚バラの重ね鍋1


ただですね、今回の作り方はたまたまテレビで見ていた「ザ!鉄腕!DASH!!」で作っていたのを元にしています。
それでは、我が家流になってるかもしれませんが、いつものようにざっくりと作り方を。


【材 料】
白菜 1/2個/豚バラ 300g/ねぎ 1本
だし汁 250cc/酒 100cc/塩 適量


【作り方】
1.白菜は1/4の大きさに切り、白菜と豚バラ肉を交互にはさんでから、鍋の深さに合わせて切り、土鍋に丸く並べていく。
  ねぎも深さに合わせて切り、中心に入れる。

白菜と豚バラの重ね鍋2


2.鍋にだし汁と酒を入れ、塩を振り、蓋をして材料に火が通ったら出来上がり。

白菜と豚バラの重ね鍋


塩をしているので、そのままで美味しくいただけます。

仕上げは雑炊がおすすめですね。

今回は写真があまりないのですが、白菜と豚バラの旨味がしみ出て、実に美味しかったです!
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月15日

ランプ肉のステーキ〜十勝彩美牛

たまにはガッツリと肉も食べたくなります。

ということで、頑張って北海道十勝地方の産地の「十勝彩美牛」という牛肉を買ってきました。部位はランプです。

ランプ肉のステーキ
(ステーキなんて、久しぶりだ〜)

十勝彩美牛のランプ肉のステーキ


昔、肉屋さんで教えてもらったのですが、ステーキを美味しく焼くには、まずは焼く前に冷蔵庫から出しておいて、常温に戻しておくこと。

そして焼く直前に塩・コショウをして、最初は強火で焦げ目がつくくらいに焼いてから弱火にし、そして裏返し、あとはお好みの焼き加減で。

ということで、いただきます。

十勝彩美牛のランプ肉のステーキ


柔らかくもしっかりとした赤身肉で、肉の旨味もしっかり味わえ、美味しかったです。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする