2013年01月31日

トマトそうめん(にゅうめん)

昔、たまたま行った居酒屋のメニューにあって、トマト好きの我が家としては、これは美味しい、是非家でも食べたいと、見よう見まねで作ったのが最初でした。

トマトそうめん(にゅうめん)

トマトそうめん(にゅうめん)1


トマト味の温かいそうめんで、酢が入っていて、片栗粉でとろみをつけているのが特徴です。

それでは、見よう見まねで作るようになった、我が家流の作り方をざっくりと。


【材 料】(2人分)

そうめん 100g/トマト 1個/玉子1個/ベーコン 2枚/小ネギ 1本
コンソメ 1個/水とき片栗粉 大2〜3
酢 大1/酒 大1/塩、こしょう 適量


【作り方】

1.トマトは湯むきして角切り、ベーコンは1cm幅に切っておく。

2.湯3カップでコンソメを溶き、弱火にかけ、酒、酢を入れる。

3.ベーコンとトマトを入れ、塩、こしょうで味を整える。

4.そうめんを別で茹で、しっかり湯切りして、どんぶりに入れておく。

5.3のスープに水溶き片栗粉を入れとろみをつけ、溶き卵を流し入れる。

トマトそうめん(にゅうめん)3


6.4のどんぶりにスープを入れ、小ネギをちらして出来上がり。

トマトそうめん(にゅうめん)5


寒い時期には、片栗粉でとろみがついているので、熱々で身体が温まります。

トマトそうめん(にゅうめん)


酢が入っていて、トマト味でさっぱりもしているので、夏場の身体が疲れた時なんかにも優しい味です。

そうめんが、夏場を過ぎて残ったりした時にも良いかもしれませんね。

って、結局、いつも美味しくいただいてるんです。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 23:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月29日

ラム肉と豆のトマト煮

こちらではラム肉が、他の肉と同じようにコーナーが設けられていて、色々と普通に売ってます。

といっても、やっぱりジンギスカンにすることが多いのですが、たまには違った料理でもいただきます。

ラム肉と豆のトマト煮

ラム肉と豆のトマト煮1


ラム肉もトマトも大好きなので、もってこいの料理なんです。

トマトと豆は缶詰を使って、結構簡単に作ってます。

それでは、いつものように、ざっくりと我が家流の作り方を。


【材 料】 これで何人前だ? 結構多いです。

ラム肉 500g/トマト缶 2缶/豆缶(金時、ひよこ、大豆等)2缶
水 100cc/にんにく 2かけ/玉ねぎ 1/2個/とうがらし 1本
コンソメ 2個/ローリエ 1枚
オリーブオイル 適量/塩・こしょう 適量

ラム肉


今回使った缶詰です
トマト缶と豆缶



【作り方】

1.ラム肉は食べやすい大きさ、にんにくはみじん切り、玉ねぎは薄切り、とうがらしは輪切りにしておく。

2.深めの鍋に、オリーブオイルでにんにくを炒め、香りがでてきたら、とうがらしと玉ねぎを軽く炒める。

ラム肉と豆のトマト煮2


3.ラム肉を入れ、肉の色が変わる程度炒めたら、トマト缶、水、コンソメ、ローリエを入れ、あくを取りながら、20分ほど煮る。

ラム肉と豆のトマト煮3


4.豆缶を入れ、更に20分ほど煮て、塩、こしょうで味を整えて、出来上がり。

ラム肉と豆のトマト煮4


ラム肉とホクホクした豆がトマト味に合うんですよね。
美味しかったです。ごちそうさまでした。


そうそう、いつものごとく、残ったらパスタソース代わりにして、美味しくいただきます。

ラム肉と豆のトマト煮パスタ


これがまた旨いんです。


▼楽天市場で豆缶をチェックする。
Green レッドキドニービーンズ 水煮缶 400g

Green レッドキドニービーンズ 水煮缶 400g
価格:88円(税込、送料別)

Green ひよこ豆 水煮缶 400g

Green ひよこ豆 水煮缶 400g
価格:88円(税込、送料別)



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 15:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | ラム肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月25日

今日の美味しい一枚:肉屋のザンギ

買ってきました。
南樽市場のお肉屋さん「肉のマルヤス 南樽店」の「ザンギ」です。

肉屋のザンギ


間違いない旨さです!

ちなみに、北海道でザンギといえば、醤油・生姜・ニンニク等に漬け込んだ肉の唐揚げ、と言った感じでしょうか。

まあ、ザンギ=鶏の唐揚げ、として呼ばれることが多いのですが、タコザンギやイカザンギもありますし、味付けで塩ザンギなんてのもあるので、よく分かりません(笑)

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
タグ:ザンギ

posted by 小梅太郎&花子 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月24日

タコのボッチの刺身

タコは地物も出回るので、結構よく食べます。

で、だいたい我が家はボッチを刺身でいただきます。

タコのボッチの刺身


ボッチはタコの頭のことですね。

こちらのタコはかなり大きいので、普段はボッチも半分とか四分の一にカットして売っているのですが、今回はやや小さめのが丸ごと安く売っていたので、それを買ってきましたよ。

タコのボッチ
(小さいけど、これは安いです!)


売っているのは、既に茹でてあるのですが、市場で買うとその茹で加減がいい具合なので(茹で過ぎてない)、市場で買うことが多いです。

タコのボッチ1


刺身用には、軽く洗って外の皮を取るくらいですかね。

タコのボッチ2


一度に食べられない時は、残りを冷凍してます。

足とボッチが並んでいたら、ついついボッチを買ってしまうので、久しく足を食べてませんね(笑)

タコのボッチの刺身1


ボッチは足の部分より、ちょっと弾力のある歯ごたえで、タコの旨味もしっかり味わえて、美味しいんですよね。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 13:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 刺身いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月20日

ラッキョウで簡単タルタルソース

普段はそんなにフライは食べない方なんですが、先日のタラや牡蠣などが旬の時期になると、フライも食べたくなります。

で、そんな時に活躍するのが、タルタルソースですね。

我が家のタルタルソースはラッキョウで簡単に作ってます。ということで、

ラッキョウで簡単タルタルソース

ラッキョウのタルタルソース


以前はピクルスを使って作ってたのですが、最近はいつもラッキョウです。

それでは、いつものように、ざっくりと我が家流の作り方を。


【材 料】
玉子 2個/タマネギみじん切り 大1
ラッキョウ(甘酢漬け) 大3/パセリ 少々
マヨネーズ 適量/塩・こしょう 適量

甘酢漬けのラッキョウはメーカーによっては甘過ぎたりするので、ピリ辛味とかを使ってます


【作り方】

ラッキョウのタルタルソース1


1.玉子は茹で玉子にして粗めのみじん切り、ラッキョウもみじん切りにしておく。
2.全ての材料を混ぜ合わせ、塩、こしょう、マヨネーズで和える。

って、これだけですね(汗)

ラッキョウのタルタルソース2


実に簡単ですが、なかなかそれっぽい美味しさです、ラッキョウの簡単タルタルソース。

ラッキョウのタルタルソース3


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 調味料関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月19日

家庭料理ではないですが:南樽市場「さかた惣菜店」のとり足から揚げ

いつもの南樽市場ですが、生鮮品以外にも、惣菜店は必ずのぞいてしまいます。
色々美味しそうなお惣菜が並んでますからね。

今回買ってきたのは、南樽市場の「さかた惣菜店」のとり足から揚

さかた惣菜店の若鶏から揚げ


特売、3本480円!

いつ特売しているのかは分かりませんが、よくこの値段で買ってます(笑)

さかた惣菜店


今回買ってきた「さかた惣菜店」は、南樽市場の山側入口入ってすぐ正面にある惣菜屋さんです。

さかた惣菜店1


揚げ物、煮物、天ぷら等、手づくりの味が色々揃ってますよ。

南樽市場


にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭料理ではないですが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月17日

タチ(タラの白子)の味噌汁

その見た目から苦手な方も多いようですが、そのネットリとコクのある味わいは何とも美味です。

タチ

タラの白子(しらこ)をこちらではタチと呼びます。

旬の寒い時期になると、タラがお店にたくさん並ぶようになるので、一緒にタチも普通に並びます。

真ダラのタチは、スケソウダラのものより大ぶりで、値段も高く、ネットリ感が強いですね。

※見た目がグロテスクなので、苦手な方はご勘弁を。

こちらが、真ダラのタチで、

真ダラのタチ


こちらが、スケソウダラのタチ。

スケソウダラのタチ


マダラは真ダチ、スケソウダラは助ダチと呼ばれたりまします。

我が家では、三平汁などの鍋物にもよく入れますが、手軽によくいただくのが、タチの味噌汁です。

タチの味噌汁1


手軽にと言う点では、安価な助ダチを使うことが多いですね。

タチの味噌汁2


いや〜、旬の味わい。プルンとしてコテッとして美味しいんです。
ごちそうさまでした。

真ダチは、居酒屋等でもよく出る、もみじおろしを添えてポン酢で食べるのも美味しいですよね。


※真ダラの三平汁については、こんな記事を書いてます。
真ダラのアラで三平汁
タラの三平汁

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 23:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | タラ(鱈) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月15日

タラのフライ

先月、一匹まんまいただいて、悪戦苦闘の上さばいた真ダラですが、身の部分は適当な大きさに切り分けて、冷凍しておきました。

※その時のさばいた様子はこちらの記事をどうぞ:「真ダラ一匹

で、今回はその切り身をフライにしましたよ。

タラのフライ

タラのフライ3


まあ、作り方については省略です。

タラのフライ1


特別なことはなく、普通のフライです(笑)

タラのフライ2


あっ、タルタルソースはラッキョウを使った、自家製タルタルソースです。
(その作り方は、また別の機会にでも)

タラのフライ4


揚げたてはサクサクで、身もホクホクっとした感じで、たっぷりのタルタルソースと食べると美味しいんですよね。

ただ、タラのフライはとてもあっさりしてクセがなく、ちょっと物足りないというのが正直なところです。贅沢な話ですね(汗)

そうそう、残ったタラのフライを翌日にサンドイッチにしていただくのも楽しみです。
(残念、写真を撮り忘れてしまった…)

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
タグ:タラ フライ

posted by 小梅太郎&花子 at 15:58 | Comment(5) | TrackBack(0) | タラ(鱈) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月13日

真ダラのアラで三平汁

先月のことなんですが、立派な「真ダラ」を一匹まんまいただいてしまいました。

※その時のさばいた様子はこちらの記事をどうぞ:「真ダラ一匹

で、さばいた後、中骨と頭等のアラを使ってさっそく三平汁です!

真ダラの三平汁

タラの三平汁1


改めて、三平汁とは、だしをとって、塩引きまたは糠漬けの魚を大根、じゃがいも、にんじん等と煮ていただく塩味の汁物ですね。


中骨と頭等のアラは適当な大きさにぶつ切りにして、塩をふっておきます。

タラのアラ


置いておく時間は、30分〜1時間くらいなもんです。

さばいた時の肝と胃袋も使いました。

タラの肝と胃袋


肝は適当な大きさに切って、胃袋はひっくり返して中を綺麗に洗って、輪切りのような状態に切りました。

もちろん、入っていた立派なタチ(白子)も入れますよ。

真タラのタチ


その他に入れるのは、豆腐、大根、ニンジン、ジャガイモ、長ネギです。

※作り方については、以前も載せているので、こちらをどうぞ:「タラの三平汁
なので、今回はざっくりと紹介します(いつもざっくりですが)。


鍋にだしを入れ、大根、ニンジン、ジャガイモを入れ、ある程度火が通ったら、ジャガイモは取り出しておきます。
そして、ぶつ切りにして塩をしたアラを洗って、胃袋とともに入れます。

タラの三平汁2


ジャガイモを取り出すのは、煮くずれしちゃうからです。

アラに火が通ったら、タチと肝と豆腐を入れ、固くならない程度に火を通し、ジャガイモを戻し、長ネギを入れて出来上がり。

タラの三平汁3


タラの塩加減で味が変わるので、味見をして適当に調整してます。

タラの三平汁4


これが、いい味が染み出ていて、汁が本当に美味しいんですよね。

しかも、ネットリしたタチが抜群です。肝も結構コクがあって美味しいですよ。

タラの三平汁5


やっぱりタラの三平汁は最高ですね。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 16:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | シチュー・スープ・汁物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年01月11日

今日の美味しい一枚:冬のカジカ汁

これも冬になると食べたくなる汁物、というか鍋料理といってもいいですね。
味噌仕立てでいただく「カジカ汁」です。

カジカ汁


カジカという魚はかなりグロテスクなんですが(写真がないのが残念です)、これがまた旨い出汁が出るんですよね。
肝もコクがあって美味しいんです。

※我が家流ですが、カジカ汁の作り方はこちらの記事をどうぞ。
→「カジカ汁

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
タグ:カジカ汁

posted by 小梅太郎&花子 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする