2012年05月29日

こちらでタケノコといえばこの細竹【細竹の下処理】

やっぱり山菜の季節ですね。
先日の山ウドに続き、今度は知り合いが、これを届けてくれました(*^-^)

タケノコ(細竹)

タケノコ(細竹)1


相変わらず、我が家はもらってばかりですね(笑)
大量に、しかも、相当立派な細竹です。

タケノコ(細竹)2


こちらでタケノコといえば、ほとんどこの細竹のことを指します。
正式にはネマガリダケというのですかね。そもそもここら辺には、孟宗竹はありませんから。

さて、もちろんこの日の朝に採ったものですから、新鮮そのものです。
ただ、時間が経つにつれ味が落ち、エグ味が出てるのは孟宗竹と同じなので、すぐに処理をします。

って、このような採りたての立派なタケノコをいただいた時には、必ず、その日のうちに焼きタケノコでいただきたいので、数本は皮付きのまま別にしておきます。

それでは、我が家流ですが、タケノコの下処理です。

タケノコの皮は、根元から先端に向かってそぎ切りにしておくと剥きやすいです。

タケノコ(細竹)3


外側の皮を剥きます。

タケノコ(細竹)4


剥いたタケノコを大鍋で茹でるんですが、孟宗竹ほどのアクやエグ味はないので、我が家は米糠等は入れないで、ただのお湯で茹でます。

茹でたら、そのまま冷まして、すぐに料理に使う分は取り出します。

で、残りの茹でたタケノコは、長期保存のために、その茹で汁と一緒に密閉容器に大量の塩で塩漬けにします。

タケノコ(細竹)5


これは、正月のけんちん汁に使う予定なので、冷暗所で保存します。

さて、今回すぐに料理に使うために取り出しておいた分は、フキと一緒に煮物にしました。
って、このフキもいただきものの山菜なんです(笑)

タケノコ(細竹)フキの煮物


この旬の煮物が、また美味しいんですよね。ごちそうさまでした。

実は細竹は、市場とかでもこの時期だけ売ってるのですが、結構、高価なんです。
本当に山の恵みをありがたい事です。

さて、肝心の焼きタケノコについてがまだでしたが、長くなったので、続きは次回という事でご勘弁です。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 18:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | 山菜(フキ、キノコ、細竹 等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年05月25日

山ウドをいただきました

こちらも山菜の季節になりました。

私は山菜採りには行かないのですが、結構、趣味で山菜採りをされる方は多いですよね。
で、ご近所さんからいただきました。

山ウド

山ウド


嬉しいですね〜
それにしても、我が家はいつももらってばかりですね(^-^;

早速いただきましたよ。

まず、表面のうぶ毛を包丁でこそげとって洗います。

で、穂先はそのまま天ぷら

山ウド天ぷら


茎の部分は皮を剥いて、その皮と、剥き終わった茎の両方を水につけて、アク抜きをします。

皮は千切りにしてきんぴら

山ウドきんぴら


茎は食べやすい大きさに切って、酢みそ和えで。
今回は、ちょっと固めだったので、さっとゆでましたよ。

山ウド酢みそ和え


山ウドはぜ〜んぶ使えちゃいますね。

独特のクセと香りが何とも言えません。
というか、せっかく山ウドを食べるのなら、このクセと香りが強くないと、何だか物足りなくなってしまいます。

季節のものを美味しくいただけるというのは、ありがたいことです。
ごちそうさまでした。

そう言えば、小樽周辺でも最近、熊出没のニュースを耳にします。
皆さん、山菜採りに行かれる時は、十分注意してください。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 山菜(フキ、キノコ、細竹 等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年05月23日

フライパンで簡易ジンギスカン

そもそもジンギスカン鍋を使うのが“ジンギスカン”と呼ぶのだとしたら、今回のはジンギスカンではないのですが、まあ、そんな話は置いといて、ラム肉はよく食べたくなるんです。

ジンギスカンのタレをつけて、野菜たっぷりで(*^-^)

ただ、ジンギスカン鍋を出して、コンロをセットして(油がはねるので新聞紙も敷いて)となると、大掛かりになって、食事で気軽にという訳にはいかなくなるんですよね。

そこで我が家ではよく、フライパンで普通の野菜炒めのように作って、大皿に盛って頂いちゃいます。

フライパンでジンギスカン1


我が家は、かなりの量を作るので、いっぺんには作れません。
そこで、まずは野菜類を炒めます。

野菜はジンギスカンで使う野菜と同じですね。
はっきり言って、お好みで何でもいいんですけどね。

ジンギスカンに必須のもやしも炒めすぎないように、別に炒めたりしてます。

そして、大量のラム肉も別に炒めるんですが、ちゃんと肉を広げて焼きすぎないように注意する念の入れようですよ(笑)

フライパンでジンギスカン2


ジンギスカンは北海道でも、地域によって、家庭によって、様々な作り方、食べ方をされてますね。
大きく分けて、事前にたれに漬け込んでいるか、生を焼いてからタレをつけるかになります。

我が家は焼いてからタレをつける食べ方で、更にタレはこれに決まってます。

フライパンでジンギスカン3


ベル食品の「成吉思汗たれ」ですね(笑)

このタレも、地域や家庭によって、主に「ベル」派と「ソラチ」派に分かれたりします。
(昔は自家製のタレを作ってましたよ)

ラム肉はスーパーでも、鶏肉、豚肉、牛肉と同じように売り場のスペースを取ってますからね。
当たり前のように食べてますよ。

そして、やはりたまには、ジンギスカン鍋を出してきて、“ジンギスカン”をしたくなるんですよね。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。


posted by 小梅太郎&花子 at 02:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | ラム肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年05月15日

小樽産の春シャコ

小樽のシャコ漁は、春と秋に行われているそうです。
詳しい漁期は分からないのですが、今、市場やスーパーでは、小樽産の春シャコがいっぱい並んでます。

今回買ったのは大きめなのが、8本で1,000円。
まあ、いいところです。結構大きかったですからね。
ちなみに、これが大きくて10本1,000円ですと、断然お買い得ですね(笑)

市場の小樽産春シャコ
(写真の開いている所が、うちが買ったあとですわーい(嬉しい顔)


春のシャコはメスの抱卵が特色とのことですが、今回はオスを買いました。

小樽産春シャコ1


ガサエビと呼ばれる、そのグロテスクな姿から、苦手という方も多いのですが、味は間違いないんですよね〜

小樽産春シャコ2


新鮮なシャコは身もぷりぷりっとしていて、本当に美味しいんですよね。

小樽産春シャコ3


ごちそうさまでした。

ちなみに、シャコの剥き方(我が家流)は、こちらの記事を参考にどうぞ。
→「シャコ(蝦蛄)の剥き方

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
タグ:シャコ

posted by 小梅太郎&花子 at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャコ(蝦蛄) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年05月10日

クロソイの刺身と煮付け

先日ご近所さんから、釣ってきたばかりの巨大なソイを頂きました。

クロソイ1


それにしてもでかい!
おそらくこれはクロソイですね。

ソイと言えば、確かメバルの仲間だと思うのですが、釣りで親しまれている魚ですよね。
こちらでは市場にも普通に並んでいますが、そんなに沢山は見かけません。
鮮度が落ちやすいとのことですよ。

あまり食べる機会がないのですが、刺身や煮付けは美味と言われますね。

実際、我が家でも久しぶりですね。
しかもこんなに立派なソイですからね。

クロソイの特徴は、涙骨(目の下の骨)が尖っていて、はっきりした棘があることだそうです。
更に、背ビレとかのトゲも鋭いんですよね。取り扱い注意です。

奥さんが悪戦苦闘しながら、三枚に捌いてくれました。

クロソイ3


結構ぬめりがあって、お腹には大きな卵も入っていたので、かなり扱いにくかったようです。

クロソイ2



今回は、まず身の部分は刺身とカルパッチョ風に。

クロソイ刺身


刺身はソイならではのコチコチした歯ごたえと、白身ならではの食べやすさの中にも程よく脂がのっていて、やっぱり美味しいですね。

そして、カルパッチョ風ですが、我が家は白身でよくやるのですが、塩をふって一時間程冷蔵庫に入れておき、梅肉とオリーブオイルとレモン汁の梅ソースで味付けます。
白髪ネギを添えていただきます。
これが、梅干しの酸味が効いて、刺身とはまた違った美味しさです。

そして、アラの部分は卵も入れて煮付けにしました。

クロソイ煮付け


煮付けというと、我が家は普段は醤油だけですが、今回は珍しくちょっとだけ酒と砂糖を入れて、濃いめに味付けをし、ゴボウと一緒に煮ました。
ちょっと見た目は悪いですが、まあ、美味しくない訳がないです(笑)

こんな立派な黒ソイは、なかなか食べる機会がないですからね。
たっぷりと堪能させてもらいました。ごちそうさまでした。


そうそう、その後、残った煮汁が煮こごりになったので、ご飯にかけていただきました。

クロソイ煮こごり
(ちなみにその日は生チラシでした)


いや〜、釣りはしないのですが、こういうのを頂いたりすると、せっかく小樽にいるのですから、釣りもやりたいですね〜

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 18:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年05月07日

ホタテの稚貝のみそ汁

ホタテの稚貝といえば、そのまま、小さなホタテですね。

ホタテの稚貝


貝の表面をきれいに洗って、そのまま料理に使えるので、結構お手軽ですし、値段も手頃なんですよね。

ホタテの稚貝


我が家はよくみそ汁にします。

ホタテの稚貝


小さいながらも、美味しいダシが出るんですよね〜

身もちゃんとホタテの味がします(*^-^)

そういえば、ウロは全然気にしてませんが、大丈夫なのかな(^-^;
(大丈夫なようです)

シチューに入れたり、パスタにも良さそうですね。

普通に市場やスーパーに並んでるのですが、実際、どのように養殖しているのかは勉強不足で知りません…

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホタテ(帆立) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする