2017年10月05日

今日の美味しい一枚:ようやくサンマの塩焼き

サンマの塩焼き1


サンマ、高いですね。

サンマの不漁のニュースをよく目にしますが、市場やスーパーに行くと、実感します。

値段は1尾100円を超えてますし、魚体も小さくて細い。というが、そもそもお店に並んでいる数が少なくて、この時期なのにほとんどない日もあったりして。これでは、庶民の魚という感じではないですよね。

これから漁獲量が回復して、手頃な値段になるのかな。

ちなみに、今年の初サンマは、ご近所さんからの頂き物で、道東直送サンマでした。

サンマ

塩焼きで美味しくいただきました。

サンマの塩焼き2

やっぱりサンマは美味しいな〜!
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 23:16 | Comment(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月19日

今日の美味しい一枚:ミニトマトを使ってパスタ

ミニトマトのパスタ4


先日、ご近所さんからたくさんのミニトマトをいただきました。

家の裏の小さな家庭菜園でもミニトマトを栽培しているのですが、収穫はちょっとずつなので、いっぺんにたくさんのミニトマトが手に入ることは滅多にないんですよね。

で、せっかく大量のミニトマトがあったので、それらを使って「ミニトマトのパスタ」を作りました。

これ、時々作るんですが、ミニトマトって青臭さが少なくて甘みが強いので、フレッシュ感と濃厚さが同居する、美味しいソースになるんですよね。

作り方はシンプルで、プライパンに敷いたオリーブオイルにニンニクのみじん切りを入れて弱火で香りを出し、輪切りの唐辛子をいれます。

今回は具材として角切りベーコンとパプリカを入れて炒めて、そこに半分に切ったミニトマトをどどど〜っと入れます。

ミニトマトのパスタ1

今回は20個くらい使ったかな。

フレッシュ感を残すのに、ミニトマトは特に潰さずに、かるくかき混ぜながら火にかけていると、次第にミニトマトから旨みエキスたっぷりの水分が染み出てきて、いわゆるトマトソースのようになってきます。ここである程度塩で味をつけておきます。

ミニトマトのパスタ2

ミニトマトの皮が残るんですが、お構いなしです(剥がれた皮が気になるようでしたら、取り除いてしまいましょう)。

あとは、茹で上がったパスタを投入して、よくかき混ぜてしっかりとソースと絡ませ、塩で味を整えれば、ミニトマトのパスタの完成です。

ミニトマトのパスタ3

ミニトマトは火を通すとさらに甘みが増して濃厚な味になり、それが少し残っているフレッシュな酸味と合わさって、実に美味しいソースになるんですよね。

ミニトマトのパスタ5

熟し加減が進んでいたり、家庭菜園で割れてしまったトマトなんかも無駄なく使えるのもいいんですよね。

(後日また作ったのですが、今度は黄色とオレンジのミニトマト入りでカラフルです)
ミニトマトのパスタ

ミニトマトのパスタ、美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

【関連記事】
ミニトマトが大量に収穫できたのでパスタに〜割れたミニトマトも使って

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:40 | Comment(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月05日

今日の美味しい一枚:まだまだ旬で美味しいトウキビと鶏肉のかき揚げ

トウキビと鶏肉のかき揚げ1


9月に入り、トウキビの美味しい季節もあとちょっとでしょうかね(やっぱり、こちらではトウモロコシではなくて、“トウキビ”ですね)。

トウキビといえば、もちろん、茹でたりして一本まんまをいただくのが美味しいですが、料理に使うのもいいですよね。

そんなトウキビを使った料理で、我が家でのお気に入りがこちら。

トウキビと鶏肉のかき揚げ

トウキビと鶏肉のかき揚げ2

以前、テレビで紹介されていたのを思い出して作って以来、お気に入りなんです。

作り方は、以前のこちらの記事でどうぞ。
トウキビと鶏肉のかき揚げ(作り方はテレビの見よう見まね)【レシピ】: 小樽で家庭料理

トウキビと小さくさいの目にして、塩・コショウ・醤油で下味をつけた鶏肉を、通常よりちょっと濃いめの天ぷら粉と混ぜ合わせて揚げてます。

これが、甘くシャキシャキのトウキビと鶏肉との相性が抜群なんですよね。

トウキビと鶏肉のかき揚げ、ごちそうさまでした。

(この日はインゲンの天ぷらと一緒に)
トウキビと鶏肉のかき揚げ3

旬のトウキビ、もうちょっと楽しめますね。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 22:00 | Comment(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月26日

今日の美味しい一枚:ラム肉と豆のトマト煮

ラム肉といえばもちろんジンギスカンですが、我が家では、このラム肉料理も結構作ります。

ラム肉と豆のトマト煮

ラム肉と豆のトマト煮1

豆は市販のを使っていて、豆の種類はその時々で適当なものを買ってきてます。金時豆とかひよこ豆とか大豆とか。

トマトに関しては、トマト缶を使ったり、最近はトマトソースとして出来上がっている便利なものもあるので、それを使ったりしてます。

今回は市販の濃いめのトマトソースを使ったので、汁気が少なくコテっとした仕上がりですね。

ラム肉と豆のトマト煮2

※普通のトマト缶からの作り方については、以前のこちらの記事を参考にどうぞ。
ラム肉と豆のトマト煮: 小樽で家庭料理

我が家はもともとトマト料理が大好きですし、ラム肉も大好きなので、かなりお気にりの料理なんですよね。

ちなみに、たくさん作って、翌日はパスタソースにしていただくのも、我が家のいつものパターンです。

ラム肉と豆のトマト煮3

ラム肉と豆のトマト煮、ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月18日

今日の美味しい一枚:真鯛のアラ炊き〜実は小樽では馴染みがない鯛

先日、スーパーで真鯛の頭が、安く売っていたので、真鯛のアラ炊きを作りました。

真鯛のアラ炊き2


真鯛といえば、全国的にみれば高級魚ではあるものの、とてもポピュラーな魚ですよね。

ただ、こちら北海道では、真鯛はあまり馴染みのない魚の部類に入ります。そもそもこの辺りでは獲れないんですよね。

なので、真鯛が市場で並ぶのを見たことがないですし、時々スーパーで刺身用が売っていたりするの目にするくらいなんです。

そして、そういう時に真鯛の頭部分のアラが売っていることがあるんですよね。

で、やっぱり小樽市民にはあまり馴染みがないようで、よく夕方などに割引になって売ってるんです。

で、この時もなんと半額になっていたので、久しぶりに真鯛のアラ炊きが食べたくなって、買ってきたというわけです。

真鯛のアラ

真鯛のアラ炊きの作り方については、以前、こちらの記事で詳しく書いているので参考までに。
小樽では馴染みが薄いですが、真鯛のアラとごぼうで「鯛のアラ炊き」

我が家の煮魚はあっさり目の味付けが多いですが、この鯛のアラ炊きに関しては、しっかりとした甘めの味付けに仕上げます。

真鯛のアラ炊き1

アラは本当にいい味が出て、脂が乗っているので甘めの味付けが合うんですよね。
一緒にゴボウも煮ているので、これもまたいい味出してます。

結構、ほろほろっとした身も残っていて、美味しくいただきました。
真鯛のアラ炊き、ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする