2018年01月21日

今日の美味しい一枚:これまた寒い時期の味覚「カジカ汁」

これもまた、こちらでは寒い時期の定番料理といえますね。

カジカ汁」です。

カジカ汁

冬になると、お店には鍋用にぶつ切りになった、アラ付きのカジカが並ぶんですが、これがいい味出すんですよね。

カジカ汁の作り方については、こちらの記事に書いてますので参考にどうぞ。
カジカ汁: 小樽で家庭料理

カジカ汁といっても時別なものではなくて、鍋料理というか、カジカの味噌汁感覚で、野菜は、大根、じゃがいも、ニンジンが我が家の定番で、あとは豆腐と最後にはなつネギくらいです。

けど、これが本当に美味しいんですよね。

そして、カジカといえば肝!!

お店に並ぶカジカのぶつ切りには、だいたいオレンジ色の肝が入っていて、もちろん、汁に入れると美味しいのですが、この肝と身を使った「肝和え」が、これまた絶品なんですよね。

今回は肝が小さかったので、カジカ汁のほうは我慢して、全部肝和えに使いました。
作り方は、こちらをどうぞ。
〈新ねっとわーく小樽〉掲載「カジカの肝和え(とも和え)」を紹介

カジカの肝和え

これがまた、美味なんです。

いや〜、やっぱり旨いです、冬の味覚のカジカ汁と肝和え。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 12:00 | Comment(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月12日

今日の美味しい一枚:いい味でてます、タラの三平汁

タラの三平汁


冬はタラの美味しい季節です。
そしてこの時期、市場などでは真ダラの頭(アラ)が並ぶんですよね。

鍋用にぶつ切りになっていることも多く、これを見ると、タラの三平汁が食べたくなるんです。
しかも安くて、200〜300円前後で売っていたりするんです。

ぶつ切りのタラの頭にさっと塩をふってまぶし、30分〜1時間くらい置き、それをさっと洗って鍋に使います。

詳しい作り方は、こちらの記事でどうぞ。
タラの三平汁: 小樽で家庭料理

タラの三平汁1

今回は、タチ(白子)も入れてます。ただし、このタチはスケソウダラのタチ(スケダチなんて呼ばれてます)です。真ダラのタチ(真ダチ)は、房が大きめでちょっと高いんですよね。

タラの三平汁2
(スケダチにしては房が大きめかな)

これがシンプルな料理なんですが、タラからいい味がでで、実に汁が美味しいんです。

タラは普通の鍋に入れたり、フライにしたり、タチは味噌汁なども美味しいですし、卵は定番の子和えや醤油漬けなんかも美味しいですよね。

しばらく、色々と美味しいタラ料理を楽しめますね。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:00 | Comment(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月09日

今日の美味しい一枚:梅肉ソースでヒラメの簡単カルパッチョ

梅肉ソースでヒラメの簡単カルパッチョ1


小樽は地物のヒラメがお店に並び、それが結構、手頃な値段で買うことができるんですよね(そこそこの大きさの柵、四半身で500円くらい)。

そうすると、いつもは刺身で食べるのが、たまには違った食べ方でということで、我が家で時々するのがこちら。

梅肉ソースでヒラメの簡単カルパッチョ

詳しい作り方はこちら。
梅干しで作るヒラメの簡単カルパッチョ/〈新ねっとわーく小樽〉掲載

ざっと作り方を書いておくと、やや薄めに切ったヒラメにさっと塩をふって、ラップをして冷蔵庫で1時間ほど置きます。

梅干しは種を取って細かくたたき、オリーブオイルと合わせて梅肉ソースを作ります。

我が家は自家製の梅干しを使ってますが、しょっぱくて酸っぱい梅干しのほうがいいですね。梅干しにシソが入っていたら、これも一緒に細かくします。あっ、オリーブオイルとは実際は混ざらないので、結局合わせておくだけです。

あとは、冷蔵庫から出したヒラメに、梅肉ソースをかけるだけです。

梅肉ソースでヒラメの簡単カルパッチョ2

薬味に白髪ネギがよく合います。

梅の酸味によって、ヒラメの旨味がぐっと引き立ち、これが美味しいんですよね。

ワインを飲む時のような洋食系の食卓や、ちょっとした集まりにもいいかもしれませんね。

普通だと、高級魚でもあるヒラメがもったいなくて、そのまま普通の刺身で食べた方がいいとも思ってしまうんですが、これも新鮮で美味しいヒラメを手軽に買うことができる、小樽ならではですね。

梅肉ソースでいただくヒラメの簡単カルパッチョ、ごちそうさまでした。

【関連記事】
※こんな食べ方もいいですね。
ヒラメの刺身を塩とオリーブオイルで美味しくいただく

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 21:00 | Comment(0) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月05日

今日の美味しい一枚:今年も正月は我が家の定番「くじら汁」で

くじら汁2


正月は皆さん、美味しいものを食べて過ごされたでしょうか。

正月とえいば、各家庭で食卓に並ぶ料理はだいたい毎年決まっているのではないでしょうかね。

我が家もお刺身やうま煮などが並ぶんですが、何より欠かせないのが、こちらの「くじら汁」です。

くじら汁3

このくじら汁は、子供の頃から、というか、もっというと私の生まれる前から、我が家の正月の定番料理で、これがないと正月が迎えられないという感じです。

くじら汁のメインとなるくじらの脂身ですが、年末になると塩蔵の脂身がどこからともなく現れて、市場やスーパーに並ぶんですよね。

ちなみに、こちらが塩蔵のくじらの脂身で、なかり高価です。
くじら汁用くじらの脂身1
(今年はこのくらいのサイズのを2つ使いました)

といっても、くじら汁はこちらのどの家庭でも食べられてる料理というわけでもなくて、全く知らない、食べないという家庭も結構あります。

そのくじら汁については以下のような説明があります(毎年引用しているものです)。

くじらの本皮(皮のついた白い脂身)を塩蔵したもの(塩くじら)を用いた汁物。塩くじらを薄切りにして熱湯で塩分や脂分を除き、野菜などとともに煮てみそ・しょうゆ・塩などで調味したもの。◇北海道・道南地方などでは正月料理として、また夏には新潟ではなす、山形ではじゃがいもなどを取り合わせたみそ味のものが作られ、ほかにも各地に郷土料理があるが、いずれもくじらが入手しにくくなったことから作られることも少なくなっている。
鯨汁(クジラジル)とは - コトバンク


けんちん汁にくじらの脂身が入っているという感じの料理ですが、作り方については、こちらの記事に書いているので、参考にどうぞ。
正月の料理から〜くじら汁【作り方付き】: 小樽で家庭料理

くじらの脂身は、薄めの適当な大きさに切って、脂抜きのためにさっと湯通しして使ってます。

くじら汁用くじらの脂身2

毎年同じなんですが、使っている具材はくじらの脂の他に、細竹、ふき、ごぼう、にんじん、高野豆腐、わらび、白こんにゃく、そして、いい味が出るので骨付き鶏もも肉を1本入れて、大鍋でどっさり作ります。

くじら汁1

出来上がったら、あとはここから食べる分を小さめの鍋にとって、温めて食べます。

くじら汁4

そして、正月の雑煮はというと、くじら汁を別の鍋に適当にとって、醤油と塩で味を整えて、そこに焼いた餅を入れていただくんですが、この雑煮もまた、我が家の定番です。

くじら汁6

毎年、このくじら汁を正月の間食べるのですが、日に日に味が染み出てきて美味しくなるんですよね。そして、くじらの脂が本当にいい味出すんです。

ということで、今年もくじら汁を美味しくいただくことができました。

正月にしか食べない料理なのですが、昔からの我が家の大切な正月料理です。
ごちそうさまでした。

くじら汁5

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 12:02 | Comment(2) | 今日の美味しい一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月21日

サロマ湖産の殻付き生牡蠣をお取り寄せ!生と蒸し牡蠣で

サロマ湖産の殻付き生牡蠣7


ちょっと前なんですが、お取り寄せでサロマ湖産の殻付き生牡蠣が発泡スチロールのケースで届きました。もちろん、生食用です。

サロマ湖産殻付き生かき
サロマ湖産の殻付き生牡蠣1

サロマ湖といえば、北海道では牡蠣の産地として有名ですよね。

サロマ湖産の殻付き生牡蠣3

これ、郵便局の12ヶ月頒布会(北海道ふるさと会)というものによるお取り寄せなんですが(こちら:郵便局の12ヶ月頒布会で旬の味を毎月食卓に!)、数は何個あったのか数えなかったのですが、立派な牡蠣が3kgで20個以上入ってました。

サロマ湖産の殻付き生牡蠣2


まずは生牡蠣で。そのために殻から身を外すのに悪戦苦闘



生食用ですから、まずはそのままいただくことにして、殻から身を外すためのナイフも付いていたので、これで悪戦苦闘しながら、身を外しました。

身の取り方は、用紙が一緒に入っていてたので、それを参考にしたのですが、それを要約すると…

サロマ湖産の殻付き生牡蠣6

まず、軍手などをして、殻の先を少し割って隙間をあけます。
殻の深みのある方を下にして、その隙間にナイフを入れて、身を傷つけないようにゆっくりと下の殻に沿ってナイフを入れて、殻に付いている貝柱を切ると、殻が開きます。

サロマ湖産の殻付き生牡蠣5

サロマ湖産の殻付き生牡蠣4

あとは身の付いている方の殻を下にして、ナイフでこちらの貝柱を切ると身が外れます。

と、文章で書くと簡単なんですが、これがなかなか苦労しました。
まあ、これも含めての楽しみですね、

サロマ湖産の殻付き生牡蠣9

今回は、これを殻に戻して、レモンを添えていただきましたよ。

サロマ湖産の殻付き生牡蠣7

もちろん、間違いない抜群の美味しさでした!


続いて蒸し牡蠣で



そして、先ほどの用紙には、美味しい食べ方として、蒸し牡蠣の調理方法も書かれていたので、せっかくなので、蒸し牡蠣でもいただきました。

これも調理方法を要約すると、まず、牡蠣を食べる分だけ素早く水洗いをして、蒸し用の鍋やフライパンに殻の丸みのある方を下にして並べ、水をカップ1杯入れます。

鍋に蓋をして、強火から中火で約15分程度蒸せば出来上がり。蒸し上がる1分前くらいにお酒を半カップ程入れると風味が増すそうです。

(蒸してると、殻の口が開いてきますね)
サロマ湖産の殻付き生牡蠣10

鍋に海水が残るので、この水を切って熱いうちにフォークなどで身を外して、いただきます。

サロマ湖産の殻付き生牡蠣11

サロマ湖産の殻付き生牡蠣12

蒸し牡蠣は、身がぷくっとして、これもまた美味しいんですよね。


おわりに



いや〜、サロマ湖産の牡蠣を堪能しました。たっぷりいただき大満足でした。

実は、何か他の料理にも、とも思ったのですが、せっかくの生食用の立派な殻付き牡蠣だからと、生と蒸し牡蠣で届いた分を一気に食べてしまいました。

(殻の残骸…)
サロマ湖産の殻付き生牡蠣13

かなり贅沢でしたが、こんな機会は滅多にないので、たまにはいいかな。

サロマ湖産殻付き牡蠣、ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ人気ブログランキングへ ※ランキングに参加しています。
posted by 小梅太郎&花子 at 17:52 | Comment(0) | カキ(牡蠣) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする